本願寺について 
ホーム > 本願寺について

本願寺について

本願寺の基礎知識

本願寺は、浄土真宗本願寺派の本山で、親鸞聖人が開かれた本願念仏の教えをよろこぶ門信徒のこころのふるさとです。
親鸞聖人の廟堂(墓地)が京都東山に創建されたのが始まりで、各地に寺基を移転した後、1591(天正19)年に七条堀川の地を豊臣秀吉より寄進され、1633(寛永10)年には、ほぼ今日に近い姿となりました。
境内には阿弥陀堂・御影堂をはじめ、桃山文化を代表する建造物や庭園が今日まで大切に受け継がれており、1994(平成6)年UNESCO(ユネスコ:国際連合教育科学文化機関)により世界文化遺産に登録されました。

名宝(国宝・文化財)

法宝物(ほうほうもつ)として伝えられてきた名品の数々をご紹介します。

親鸞聖人影像 鏡の御影一文字茶碗三十六人家集

本願寺おもしろスポット

長い歴史の中で受け継がれ、伝えられてきた物語があります。境内のなかには見どころがいっぱい!ちょっと散策してみませんか?

天然記念物 大銀杏国宝 雀の間八方睨みの猫国宝 唐門太鼓楼

本願寺ライブカメラ

境内を24時間ライブ中継しています。今日の本願寺は?京都のお天気は?

このページの先頭へ