本願寺について 
ホーム > 本願寺について > 建造物 > 国宝 黒書院

国宝 黒書院

写真:国宝 黒書院

黒書院は粗木を用いた私的な室で、歴代ご門主が寺務をとられた所。一の間(門主室)二の間を中心に、茶室、鎖の間、広敷などがあります。幾何学絞様(きか がくもんよう)の欄間や、狩野探幽筆の襖・貼附の墨絵等は清楚な趣きを漂わせ、一の間の床・違棚の配置、釘隠の意匠にも特殊な考慮がなされています。江戸 初期の数奇屋(すきや)風代表的書院。

写真:二の間

二の間

写真:一の間

一の間

写真:茶室

茶室