浄土真宗本願寺派(西本願寺)
本願寺の概要

 本願寺は、浄土真宗本願寺派の本山です。正式には龍谷山本願寺といい、一般には西本願寺とも呼ばれています。

 浄土真宗は、鎌倉時代の中頃に親鸞聖人(1173-1263)によって開かれました。

 親鸞聖人は1173(承安3)年に京都日野の里でお生まれになり、9歳で青蓮院にて出家得度されました。その後、比叡山で学問修行に励まれましたが、29歳の時、師である源空(法然)聖人のお導きによって阿弥陀如来の本願に信じ「南無阿弥陀仏」という念仏の教えに帰依する身となられました。35歳の時、念仏弾圧により越後に流罪となった後、妻の恵信尼さまと共に関東に移って念仏の教えを弘められ、晩年は京都で『教行信証』等多くの著述に力を注がれ、1263年1月16日(弘長2年11月28日)に90歳で往生されました。

 親鸞聖人の滅後、娘の覚信尼さまは、聖人の遺弟たちと共に京都東山大谷に廟堂を建て、聖人の遺骨と影像を安置しました。やがてこの廟堂が本願寺となり、宗門の礎となりました。

 その後、中興の祖である第8代宗主蓮如上人(1415-1499)の時には教線が拡大され、さらに第11代宗主顕如上人(1543-1592)の時には、本願寺の寺基が現在の京都堀川六条に定められました。

 境内には、阿弥陀堂、御影堂の両堂をはじめ、唐門や書院、飛雲閣などの国宝や重要文化財があり、1994(平成6)年12月に「古都京都の文化財」として、「世界遺産」に登録されています。

トップへ戻る


浄土真宗本願寺派
〒600-8501
京都市下京区堀川通花屋町下ル
TEL:075-371-5181(代)
COPYRIGHT (C) 1998-2009 HONGWANJI ALL RIGHTS RESERVED.