浄土真宗本願寺派(西本願寺)
重文 太鼓楼

太鼓楼

本願寺の東北角にある重層の楼閣で、内部に今も残る大きな太鼓は、江戸時代には周囲に時刻を告げる合図となっていました。幕末、本願寺を一時的に屯所としていた新撰組による刀傷が、今も残っていると伝えられえています。

前へ 


 

トップへ戻る


浄土真宗本願寺派
〒600-8501
京都市下京区堀川通花屋町下る
TEL:075-371-5181(代)
COPYRIGHT (C) 1998-2009 HONGWANJI ALL RIGHTS RESERVED.