法話(ご親教)

2014(平成26)年 秋の法要(全国門徒総追悼法要) 【2014(平成26)年11月23日】

とらわれ離れ、お念仏申す人生を

本日は、ようこそ全国門徒総追悼法要・秋の法要へお参りくださいました。

この法要は、この1年間にご往生された全国のご門徒の方を追悼する法要であります。亡くなられた方を偲び、浄土真宗のみ教えを聞かせていただくご縁といたしましょう。

親鸞聖人は、主著である『教行信証』に、道綽禅師(どうじゃくぜんじ)の『安楽集』の文章を引いておられます。それは「真言(しんごん)を採(と)り集めて、往益(おうやく)を助修(じょしゅ)せしむ。いかんとなれば、前(さき)に生(うま)れんものは後(のち)を導き、後に生れんひとは前を訪(とぶら)へ、連続無窮(むぐう)にして、願はくは休止(くし)せざらしめんと欲(ほっ)す。無辺(むへん)の生死海(しょうじかい)を尽(つく)さんがためのゆゑなり」(『註釈版聖典』474ページ)というものです。

現代語訳しますと「真実の言葉を集めて往生の助けにしよう。なぜなら、前(まえ)に生れるものは後(あと)のものを導き、後に生れるものは前のもののあとを尋(たず)ね、果てしなくつらなって途切れることのないようにしたいからである。それは、数限りない迷いの人々が残らず救われるためである」(『現代語版聖典』646ページ)となります。

インドにおいて、お釈迦さまがお説きになった仏教は、自己中心的なとらわれを離れ、真理に基づいて生きる生き方を明らかにしています。その真理は、お釈迦さまが気付いても、気付かなくても存在するといわれ、いつ、いかなる時にもあてはまる、普遍のものであるとされています。

それは、わかりやすく言うと、全てのものは、移り変わっていて、何一つとして変わらないものはないということです。どんなに科学技術が発達しても、私たちは毎年1歳ずつ年をとります。そして、毎年、姿も、考え方も、自分では気付かなくても変化し続けています。それは、決して誕生日の日に突然変化するわけではありません。1日1日変化し続けています。

しかし、私たちはこの変化を受け容れることが難しいのではないでしょうか。特に、親しい方とのこの世での関わりは、永遠に続くと思ってしまいます。お釈迦さまは、私たちが抱える苦しみの一つを、親しい方とも別れなければならない「愛別離苦(あいべつりく)」と示されました。

親鸞聖人は、このように真理に基づいて生きていくことが難しい私たちに阿弥陀さまがはたらいていてくださると教えてくださいました。この阿弥陀さまのはたらきによって、とらわれを離れ、お念仏申す人生を送らせていただきましょう。そして、このみ教えをご縁ある方へ伝えてまいりましょう。

本日は、ようこそご参拝くださいました。

本願寺新報2014(平成26)年12月20日号掲載
(ホームページ用に体裁、ふりがな等を調整しております)

一覧に戻る

ホームご門主のお言葉2014(平成26)年 秋の法要(全国門徒総追悼法要) 【2014(平成26)年11月23日】

ページの先頭へ戻る