実践運動

宮崎教区都城組正定寺 『門徒手帳』でみんなそろってお勤めを

2017年02月

  • 九州

◆一生かけて何を伝えられるのか

 宮崎県都城市にある正定寺では、『門徒手帳』を作成し、ご門徒のみならず有縁の方に配布しています。この『門徒手帳』は、尼子玄章住職の深い思いから生まれたものでした。
 尼子住職は日常の法務を続ける中で、ある時「自分の一生をかけて何を伝えることができるのか」と考えました。そこで、もともと普段のお勤めや通夜などに「仏説阿弥陀経」を用いることが多かったのですが、ご門徒になじみの深い「正信偈」に全ての勤行を統一し、共通の経本を配布することを思いつきました。「今までお勤めしていた阿弥陀経をやめると、ご門徒はどう思うだろう」と不安がありましたが、自分の生涯をかけて「正信偈を通してお念仏のみ教えを伝え、誰もが一緒にお勤めをできるようにしたい」と決心をしました。「正信偈」にお勤めを統一したのは、ご門徒がお勤めしやすいというだけでなく、「正信偈」を通してご門徒と共に「名号」「念仏」「信心」という言葉でご法義を語り合えるようになりたいと思ったからでした。

◆『正定寺門徒手帳』

 この『正定寺門徒手帳』は2004(平成16)年に第1版(初版時は『浄土真宗聖典』という名称)が発行され、2010(平成22)年にはさまざまな改良を加え第2版が発行されました。単に「正信偈」を掲載するだけではなく、み教えや葬儀・法事の手引き、正定寺の縁起や、お仏壇のお飾りの方法、永代経についての説明など、この一冊を持っていれば、浄土真宗の教義や仏事にとどまらず、正定寺のことも全てわかるようになっています。また、文中の「名号」「信心」「釈迦・七祖」に関連する言葉には色分けをして、浄土真宗のキーワードが一目でわかるように配慮されています。

◆これまでご縁がなかった人にも

 学校や就職などの関係で、現在は地元に住んでいない人でも、親族のお葬式や法事があると故郷に戻ってきます。故郷に戻ってきた人が一緒にお勤めをするとなると、「正信偈」の節(ふし)の中で最も一般的に使われる「草譜(そうふ)」でも難しいものです。尼子住職は『門徒手帳』を作るにあたって、「正信偈」の節をなくし、棒読みにしました。また一般の経本には「和讃(わさん)」が六首掲載されていますが、『門徒手帳』では二首のみとしました。お葬式の際には、通常のお勤めをしますが、全員で唱和する「正信偈」の部分は『門徒手帳』に掲載のものを使います。
 尼子住職は、この『門徒手帳』を発行して以来、お葬式などで集まる親族に「今住んでいるところに帰っても、たまにでもいいからこの本を開けてみてください」と配布しました。親族全員に配るということにも、住職の考えがありました。お葬式が終わった親族は、その後法事の相談をすることになります。核家族化が進み、以前のように地域との関わりが薄くなっている現在、お葬式や法事のことを教えてくれる人が周りにいなくなりました。その時に共通の本を持っていれば、電話でもそれを見ながら打ち合わせをすることができます。亡くなった方の法事を親族で仲良く勤めてほしい、との住職の思いでした。

◆響く正信偈、あふれるお念仏

 住職は、日常のお勤めでもこの『門徒手帳』を使用しています。お勤めの前に住職は毎回必ず「声に出して、一緒にお念仏しましょう。声を出して仏さまに心の窓を開けましょう」と声掛け、ゆっくりと「なもあみだぶつ、なもあみだぶつ」とお念仏をします。そして法話も「正信偈」を通して親鸞聖人のみ教えを話します。現在ではこの経本と住職の熱意のおかげで、本堂や葬儀会場ではいっぱいの正信偈のお勤めとお念仏の声があふれるようになりました。
 この『門徒手帳』は初版として5,000部発行、2版目はより良いものを作るために、8人の門徒総代さんと検討を重ねた上で6,000部発行しました。初版本は葬儀会館に貸出用として置いていると、参列者が持って帰ってしまい無くなることが多々ありました。そこで、葬儀会館用に内容をA3用紙1枚にまとめ、参列者全員が持ち帰ることができるものも作成しました。
 もう間もなく第2版も在庫がなくなるため、現在は第3版目に向けて校正作業を行っています。現在正定寺では、葬儀での門徒式章の一家族12領の貸し出しや、法語の日めくりカレンダー作成など、さまざまなアイデアを出し実行しています。
尼子住職は「自分の思いから、この手帳を作成したが、おかげさまでたくさんの人に読んでもらい、ご門徒との話もしやすくなった。坊守と総代さん・ご門徒の協力がなかったら実現していませんでした。皆さまに大変感謝しています。少しでも多くの人がこの本からお念仏のご縁をひろげてくれれば」と今後も一生をかけての教化活動が続きます。

実践事例画像_正定寺門徒手帳
正定寺門徒手帳
実践事例画像_色分けされた「正信偈」
色分けされた「正信偈」
実践事例画像_「法事のつとめ方」
「法事のつとめ方」
実践事例画像_葬儀場用の勤行集(プリント)
葬儀場用の勤行集(プリント)
実践事例画像_現在作成中の日めくりカレンダー
現在作成中の日めくりカレンダー
一覧に戻る

ホーム活動実践運動宮崎教区都城組正定寺 『門徒手帳』でみんなそろってお勤めを

ページの先頭へ戻る