「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)について

「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)とは、あらゆる人々に阿弥陀如来の智慧と慈悲を伝え、自他共に心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献することを目的として、2012(平成24)年度より宗門全体で推進されています。

報恩講参拝奨励リーフレット『報恩講をご縁に⑥』

 宗門総合振興計画の取り組みの一環として、本年も報恩講参拝奨励リーフレット『報恩講をご縁に』を作成いたしました。

 本文では、「眼差しの中で」として、私たちは決して一人で"生きていく"のではなく、多くの「眼差しの中」で"生かされている"ということについて説明している文章や、稲城選惠和上(1917~2014)の法話「いまが終いでも間に合っている」などを掲載しています。大変読みやすくわかりやすい内容になっていますので、お寺やご家庭での報恩講の奨励にご活用ください。

 なお、裏面には報恩講の日程を書き込めるようになっており、ご寺院の報恩講案内としても使用できます。

 希望者には無償(送料は着払い)でお届けいたしますので、伝道本部 重点プロジェクト推進室(TEL 075-371-5181 FAX 075-351-1372)までご連絡ください。


報恩講リーフレット『報恩講をご縁に⑥』

こちらからダウンロードのうえ、印刷してご利用ください。
※両面印刷の際は、「短辺とじ」を選択ください。

◆ 資料

「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)・重点プロジェクトのさらなる推進について
『「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)総合基本計画・重点プロジェクト』策定について
宗門の基幹運動推進にかかる総括について

◆ 冊子『ごえん』

冊子『ごえん』(vol.6)画像1

冊子『ごえん』(vol.6)「いのちをいただく」

 宗門総合振興計画の取り組みの一環として冊子「ごえん」(vol.6)を新規作成しました。本文では「食」を通していのちの尊さを見直し、深く考えていく内容になっています。金子みすゞさんの詩や、食を通した法話、食に関する取り組みなどを掲載しており、相愛学園が制作した「食事のことば」イメージソングも紹介していますのでぜひご活用ください。(視聴可能なQRコード付)

 希望者には無償(送料は着払い)でお届けいたしますので、伝道本部 重点プロジェクト推進室(TEL075-371-5181 FAX 075-351-1372)までご連絡ください。

冊子『ごえん』(vol.5)画像1

冊子『ごえん』(vol.5)「平和ってなに?」
在庫切れとなりましたので、上記PDFをご利用ください。

 戦後70年以上が経過し、過去の戦争の記憶が失われつつある現在、改めて「平和」について考えるため、宗派では冊子『ごえん』(Vol.5) 「平和ってなに?」を作成しました。

 この冊子では「平和」の意味を再確認し、仏教の立場からの「平和」を考え、過去の反省を踏まえた上で、現在行われている「平和」構築の活動について紹介しています。

「平和」とは多くの人のさまざまな活動によりつくり上げられるものです。私たちは常に予断と偏見を排し、平和について考え続け、問い続けていかなければなりません。この冊子がその学びの一助となれば幸いです。

※『宗報』2015(平成27)年11・12月合併号に掲載された『平和に関する論点整理』と併せてご活用ください。

【実践事例】冊子『ごえん』(vol.5)「平和ってなに?」

「平和に関する論点整理」(PDF)

冊子『ごえん』(vol.4)「いのちと死をみつめて」
在庫切れとなりましたので、上記PDFをご利用ください。

 「2014(平成26)年度 宗務の基本方針」の取り組みの一環として、浄土真宗における葬儀の意義を広く発信していくため、葬儀の中で大切にされてきた「死を受け容れていく心」をテーマに、冊子『ごえん』(vol.4)を作成しました。

冊子『ごえん』(vol.1)「結ぶ絆から、広がるご縁へ」

 「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)の推進に活用いただくため、スローガン「そっとつながるホッがつたわる~結ぶ絆から、広がるご縁へ~」について、冊子「ごえん」を作成しました。

 希望者には無償(送料は着払い)でお届けいたしますので、伝道本部重点プロジェクト推進室(TEL 075‐371‐5181 FAX 075‐351‐1372)までご連絡ください。

◆ リーフレット・卓上カード

仏事奨励リーフレット『また あえる世界』

 宗門総合振興計画の取り組みの一環として、仏事奨励リーフレット『また あえる世界』を新規作成いたしました。

 本文では「ご法事は誕生日」「またあえる世界」「ご法事は何のため」の3つのコラムを通して家庭における仏事の意義を伝えるとともに、年忌一覧表や法事を営む際に必要な準備チェックリスト欄も設けています。

 尚、裏面は年忌法要並びに祥月命日法要の忌日を書き込めるようになっておりますので、お寺やご家庭での仏事奨励にご活用ください。

 希望者には無償(送料は着払い)でお届けいたしますので、伝道本部重点プロジェクト推進室(TEL075-371-5181 FAX 075-351-1372)までご連絡ください。

仏事奨励リーフレット『また あえる世界』画像
仏事奨励リーフレット『また あえる世界』

こちらからダウンロードのうえ、印刷してご利用ください。
※両面印刷の際は、「短辺とじ」を選択ください。

『食事のことば』卓上カード

 宗門総合振興計画の事業の一環として、『食事のことば』卓上カードを作成いたしました。以前は『食事のことば』ポストカードを作成・配布しておりましたが、宗門関係学校である京都女子大学と協働して、デザインを刷新し卓上カード(両面印刷)にしました(サイズはポストカードと同様)。

 ご家庭や、各種行事・研修会等にも積極的にご活用ください。
 希望者には無償(送料は着払い)でお届けいたしますので、伝道本部重点プロジェクト推進室(TEL075-371-5181 FAX 075-351-1372)までご連絡ください。

 

『食事のことば』卓上カード
こちらからダウンロードのうえ、印刷してご利用ください。

 新「食事のことば」解説、チラシはこちらからダウンロードください。
 ※総合研究所ホームページ(http://j-soken.jp/download/6076)へリンクしています

リーフレット『お仏壇を伝える こころを伝える』

 「2014(平成26)年度 宗務の基本方針」の取り組みの一環として、「お念仏申す日暮しの実践」を奨励するためのリーフレットを作成いたしました。

 本リーフレットを活用いただき、一日一度はご本尊に手を合わせ、お念仏申す日暮しの実践を奨励いただきますようお願いいたします。

リーフレット『お仏壇を伝える こころを伝える』
在庫切れとなりましたので、上記PDFをご利用ください。
※両面印刷の際は、「短辺とじ」を選択ください。

◆ 報恩講参拝奨励

2019(令和元)年度 本願寺、築地本願寺及び別院・教堂における報恩講修行日程

 「報恩講」は、浄土真宗のみ教えをいただく私たちにとって、浄土真宗をひらかれた親鸞聖人のご遺徳を偲び、感謝しつつお勤めされる、もっとも大切な法要です。

 本願寺(京都)、築地本願寺(東京)及び別院・教堂(各地)でお勤めされる報恩講の日程を掲載いたしますので、ご家族や有縁の皆さまといっしょに、是非ともお参りください。

◎本願寺 2020(令和元)年1月9日(木)~1月16日(木)

 ※御正忌報恩講の模様はこちら→本願寺Web Broadcast

◎各地別院・教堂報恩講日程

 報恩講修行日程(「西本願寺グランドツーリング」ページへリンク)

報恩講参拝奨励リーフレット『報恩講をご縁に』

 真実のみ教えをお示しくださった親鸞聖人に感謝し、阿弥陀さまのお救いをあらためて心に深く味合わせていただく、一年でもっとも大切なご法要が報恩講です。宗門総合振興計画の取り組みの一環として報恩講参拝リーフレット『報恩講をご縁に』を作成いたしております。大変読みやすく分かりやすい内容になっていますので、お寺やご家庭での報恩講の奨励にご活用ください。

報恩講リーフレット『報恩講をご縁に⑤』

リーフレットは在庫切れとなりましたので、上記PDFをご利用ください。(両面印刷の際は、「短辺とじ」を選択ください)

 「『それでいい』ありがたい」という詩を掲載しています。「死んでいく そのままが 救われていく 私 安心できない 死にたくない 愚痴無知のまま そのままで いい と聞かせていただき 安心する」と優しい言葉がつづられています。副文に前回同様「梯實圓和上の法話」が掲載されています。

報恩講リーフレット『報恩講をご縁に④』

リーフレットは在庫切れとなりましたので、上記PDFをご利用ください。(両面印刷の際は、「短辺とじ」を選択ください)

家庭での報恩講をすすめた内容になっています。月参りの習慣がなければ、家庭報恩講はお坊さんが家に訪ねてくる年に一度の家庭訪問。家族そろって年に一度の家庭訪問をお迎えしましょう。副文には梯實圓和上の法話「俺が引き受けたから心配するな」を掲載しています。

報恩講リーフレット『報恩講をご縁に③』

リーフレットは在庫切れとなりましたので、上記PDFをご利用ください。(両面印刷の際は、「短辺とじ」を選択ください)

本文には「ありがとうの集い」と題した文章を掲載しています。お念仏を喜ぶ人は、煩悩がなくなるわけではないですが、不平不満の毎日が、ありがたい、もったいないと思える身に変えられます。そのみ教えを伝えてくださった親鸞さまに感謝する「ありがとうの集い」が報恩講です。

報恩講リーフレット『報恩講をご縁に②』

リーフレットは在庫切れとなりましたので、上記PDFをご利用ください。(両面印刷の際は、「短辺とじ」を選択ください)

多くのいのちのつながりと、私のいのちの落ち着き先である浄土への道を示し、今の私を支えてくれる拠りどころを示してくださったのが、親鸞聖人であり、その親鸞聖人のご法事を先人は大切にしてきました。家庭でもぜひ報恩講をお勤めしましょう。

報恩講リーフレット『報恩講をご縁に』

リーフレットは在庫切れとなりましたので、上記PDFをご利用ください。(両面印刷の際は、「短辺とじ」を選択ください)

浄土真宗のみ教えをいただく私たちにとって、もっとも大切なご法要である「報恩講」への参拝奨励を行うためのリーフレットを作成しました。
 各寺院をはじめ、京都の本願寺、東京の築地本願寺、各地の別院や教堂などでお勤めされる「報恩講」への参拝奨励、また、家庭での「報恩講」実施奨励にあたり、ご活用ください。

ホーム活動実践運動について

ページの先頭へ戻る