宗門の過疎対策

宗門における過疎対策の推進は、総局が「中央寺院振興対策委員会」並びに「教区寺院振興対策委員会」と緊密な連携を図り、過疎地域に所在する寺院をはじめとする既存寺院が「寺院規程」に定める"寺院の目的"を果たすことができるよう支援するものです。

具体的には、ふるさとを離れて過ごす門信徒や、その子や孫への伝道を目的とした「離郷門信徒のつどい」の開催について支援があります。
また、「寺院振興金庫」(財的支援)、「寺おこし事業の紹介」(寺院相互扶助)、「寺院振興に向けた相談窓口」等、宗門の伝道教化基盤でありますそれぞれの寺院の充実振興により、宗門の教線が維持されることを願っております。

ホーム活動寺院振興支援対策(過疎対策)

ページの先頭へ戻る