「2013(平成25)年淡路島地震」について(最終報告)

2013年05月10日

1.被害状況(5月10日午前11時までに各教区の報告及び支援隊が確認した内容)

教区 寺院被害 門信徒被害
兵庫教区 淡路組6ヵ寺・神戸湊組1ヵ寺

本堂壁一部ヒビ・亀裂・剥離・崩落、仏具転倒・散乱、欄間ズレ・一部欠落・欄間上部組み物落下、鴨居ズレ、屋根瓦一部破損、庫裏壁一部ヒビ・亀裂・剥離・崩落、屋根瓦一部ズレ・落下、山門一部損傷・山門支え柱落下、築地塀壁一部剥離・瓦欠落、仕切塀壁一部ヒビ・亀裂・剥離・瓦一部欠落、太鼓楼壁一部ヒビ・亀裂・剥離・瓦一部欠落、鐘楼ズレ、墓碑転倒・倒壊、境内石灯籠倒壊
等、7件の被害報告
淡路組(2ヵ寺)106戸

壁崩落亀裂・屋根全壊・家屋ゆがみ・水道管破裂・仏壇散乱倒壊・墓石倒壊・風呂場崩壊・納屋半壊・燈籠倒壊
等の被害報告
京都教区 被災報告なし
奈良教区 被災報告なし
大阪教区 被災報告なし
和歌山教区 被災報告なし
四州教区 被災報告なし
備後教区 被災報告なし

2.対応

  1. 総長、担当総務の指示により、統合企画室長の指揮のもと、所務部<文書担当>部長、社会部<災害対策担当>部長及び同部員が情報収集(4月13日午前5時40分)
  2. 社会部<災害対策担当>発公文書第3号にて、京都・奈良・大阪・和歌山・兵庫・四州・備後教区各教務所へ被害状況の報告をFAXにて依頼(4月13日午前7時20分)
  3. 社会部<災害対策担当>部長を隊長とする第1次支援隊を兵庫教区淡路組各寺院へ派遣(4月13日午前9時出発、午後7時23分帰山)
  4. 被災寺院6ヵ寺へ総長名見舞電報打電(4月13日)
  5. 淡路組各寺院へ見舞状及び見舞タオルを第1次支援隊より伝達(4月13日)
  6. 兵庫教区災害対策委員会へ見舞金交付(500,000円)を決定(4月15日)
  7. 総長より兵庫教区災害対策委員会委員長へ見舞金伝達(4月15日)
  8. 兵庫教区より調査中であった被害状況について最終報告を受信(5月10日)

以 上

一覧に戻る

ホーム活動お知らせ「2013(平成25)年淡路島地震」について(最終報告)

ページの先頭へ戻る