総御堂(阿弥陀堂)不審者乱入事件に対する不二川総長の談話

2005年09月02日

親鸞聖人のみ教えに生きる1000万人のご門徒の大切な拠り所であります阿弥陀堂を毀損しようとした行為は、断じて許される行為ではなく、強い憤りを覚えます。

本願寺は世界文化遺産にも指定されており、これからも永く護り続けていかなければなりません。

今後とも、その保存と護持に万全を期する所存であります。

平成17年9月2日

総長 不二川 公勝

一覧に戻る

ホーム活動お知らせ総御堂(阿弥陀堂)不審者乱入事件に対する不二川総長の談話

ページの先頭へ戻る