「日本国憲法の改正手続に関する法律案」(国民投票法案)に関する要請

2007年04月20日

「日本国憲法の改正手続に関する法律案」(略称:国民投票法案)が4月13日に衆議院本会議で可決されたことに関し、下記の要請文を安倍晋三内閣総理大臣宛に送付いたしました。

2007(平成19)年4月20日

内閣総理大臣
 安倍 晋三 様

浄土真宗本願寺派
総長 不二川 公勝

「日本国憲法の改正手続に関する法律案」(国民投票法案)に関する要請

このたび、「日本国憲法の改正手続に関する法律案」(略称:国民投票法案)が、4月13日に衆議院本会議で可決され、参議院に送られました。

本法案に関する今日までの審議内容は、極めて不十分なものであり、憂慮に堪えません。

「日本国憲法」の改正は、まさしく国の根幹を変えることであり、その手続きを定める本法案については、慎重の上にも慎重を期し、審議を尽くし、国民の総意にもとづくものでなければなりません。

わが国の将来に禍根を残さないよう、より慎重かつ充分な審議を要請するものであります。

以 上

一覧に戻る

ホーム活動お知らせ「日本国憲法の改正手続に関する法律案」(国民投票法案)に関する要請

ページの先頭へ戻る