参議院での臓器移植法改正案の慎重な審議を求める要望

2009年06月19日

今般、衆議院での臓器移植法改正案の可決をうけて、参議院で審議される同改正案につきまして、いのちの尊厳と平等をもとに基幹運動を推進している宗門にとって、看過できないものであるため、総長名による要望を出状いたしました。

2009(平成21)年6月19日

参議院議長
 江田 五月 様

浄土真宗本願寺派
総長 不二川 公勝

参議院での臓器移植法改正案の慎重な審議を求める要望

私たち浄土真宗本願寺派では、いのちの尊厳と平等をもとに基幹運動を推進しています。
このたび、脳死・臓器移植法の改正案が衆議院で可決されました。
この改正案は、脳死を一律に人の死とし、本人が生前に拒否の意思表示をしない限り、家族の同意のみで臓器移植が可能となっています。これによって、15歳未満からの臓器提供も可能となります。

私たちは、臓器提供を受けて「助かる生命を助けたい」という願いはよく理解しています。しかし同時に、脳死を一律に人の死とすること、本人の意思表示を必要としないことや、小児からの臓器移植については、大人と異なり蘇生の可能性が高い子どもの脳死判定基準の検証を行う必要があることなど、慎重に論議しなければならない課題が多くあると考えます。
今般の衆議院での審議は、これらの課題に十分応えるものとは言えず、いのちの尊厳(重さ)という点を考えると大きな懸念を感じざるを得ません。

今後行われる参議院での審議では、国民的議論を尽くしたうえでの慎重な審議をいただきますよう強く要望いたします。

以 上

一覧に戻る

ホーム活動お知らせ参議院での臓器移植法改正案の慎重な審議を求める要望

ページの先頭へ戻る