集中豪雨災害による被害状況について 第2報

2009年07月24日

1.被害状況(7月24日現在 各教区より報告のあった内容)

教区 寺院被害 門徒被害
四州教区 松山外組1ヵ寺は本堂瓦一部崩落  
山口教区 14ヵ寺より被災報告
*美和組1ヵ寺は本堂裏山から境内へ土砂流入
*熊毛組2ヵ寺は本堂裏等法面の崩落。1ヵ寺は本堂裏山法面崩落により講師部屋ほぼ全壊
*防府組2ヵ寺は雨漏り。1ヵ寺は境内地一面に土砂流入及び塀倒壊。1ヵ寺は門前土砂等流入
*山口南組1ヵ寺は境内浸水
*美祢東組1ヵ寺は山側の法面崩落のため、茶室ほぼ全壊並びに庫裏に土砂流入し基礎にひび。1ヵ寺は駐車場土砂流入
*美祢西組1ヵ寺は裏山土砂崩れ。1ヵ寺は床下浸水
*大津東組1ヵ寺は床下浸水
死亡6名、行方不明1名、全壊1戸、半壊3戸、
床上浸水数件、床下浸水数件、不明多数

2.対応

  1. 第1次復旧支援隊として復旧支援隊要員(宗務所職員)が山口教区内被災寺院の見舞い<7月22日~24日>
  2. 第2次復旧支援隊派遣(救援物資搬送)<7月23日>
  3. 復旧支援隊が合流し、断水中の山口南組6ヵ寺・山口北組2ヵ寺に飲料水及びポリタンクを届ける<7月23日>
  4. 見舞状・見舞タオルを山口教区教務所宛追加送付<7月23日>
一覧に戻る

ホーム活動お知らせ集中豪雨災害による被害状況について 第2報

ページの先頭へ戻る