「平成21年7月中国・九州北部豪雨」による被害状況について 第4報

2009年08月04日

1.被害状況(8月3日現在 各教区より報告のあった内容)

教区 寺院被害 門徒被害
四州教区 松山外組1ヵ寺、本堂瓦一部崩落  
安芸教区   死亡1名、負傷者1名、
家屋全壊等
山口教区 18ヵ寺より被災報告      

*美和組1ヵ寺、本堂裏山から境内へ土砂流入
*熊毛組2ヵ寺は本堂裏等法面の崩落。1ヵ寺は本堂裏山法面崩落により講師部屋ほぼ全壊
*防府組2ヵ寺は雨漏り。1ヵ寺は境内地一面に土砂流入及び塀倒壊。1ヵ寺は門前土砂等流入
*山口南組2ヵ寺、境内浸水等
*美祢東組1ヵ寺は山側の法面崩落のため、茶室ほぼ全壊並びに庫裏に土砂流入し基礎にひび。1ヵ寺は駐車場土砂流入
*美祢西組1ヵ寺は裏山土砂崩れ。1ヵ寺は参道横土手崩落1ヵ寺は庫裏前法面崩落。1ヵ寺は床下浸水
*厚狭西組1ヵ寺、庫裏雨漏り
*大津東組1ヵ寺、床下浸水
死亡7名
家屋全壊・半壊数戸、床上・床下浸水数件、土砂流入、田畑浸水、農作物被害等多数
福岡教区   死亡1名           
裏山崩落等
四州教区   負傷者1名           
家屋に土砂流入

2.対応

見舞タオル等送付。死亡門徒、遺族宛に弔慰状・龍谷香伝達(教務所を通じ)及び弔電打電<随時>

※気象庁発表(7月27日付)により平成21年7月19日から26日に中国地方及び九州北部地方で発生した豪雨については「平成21年7月中国・九州北部豪雨」と命名されました。

一覧に戻る

ホーム活動お知らせ「平成21年7月中国・九州北部豪雨」による被害状況について 第4報

ページの先頭へ戻る