第33回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要が修行されました

2013年09月03日

9月18日(水)、東京・国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑におきまして、「第33回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要」が修行され、約2,000名の参拝者にご参拝いただきました。

宗門として恒久平和への願いを新たにするため、園城義孝総長より下記の通り「平和宣言」を行い、「世のなか安穏なれ」との願いを込めて「平和の鐘」を撞きました。また、宗門関係学校生徒による、「いのちの尊さ」「非戦・平和の大切さ」をテーマとした作文の朗読及び表彰式が行われました。

法要は、ご門主様・お裏方様・新門様にご参拝・ご焼香いただき、園城義孝総長導師により、親鸞聖人750回大遠忌法要で制定された『宗祖讃仰作法 音楽法要』の和讃・念仏を取り入れた「正信念仏偈(音楽依用)」をおつとめいたしました。
また、各国大使、国会議員、その他政財界関係者及び宗教界の来賓の方々にご参拝・ご焼香いただきました。

【平和宣言(日本語)】

浄土真宗本願寺派
平和宣言

多くの尊い命が犠牲となったアジア・太平洋戦争が終結して、今年で68年になります。私は浄土真宗本願寺派を代表し、ここ千鳥ヶ淵にご参集の皆さまとご一緒に、国内外のすべての戦没者に対して、心よりの追悼の意を表し、また、ご遺族の方々の消えることのない悲しみを、あらためて深く心に刻みます。

私たちの平和への願いにもかかわらず、世界では今も各地で紛争が起こり、戦火が 絶えることがありません。この瞬間にも、数多くの尊い命が失われ続けています。命の尊さを語りながら、命を奪い合うという矛盾したあり方に、私たち人間の愚かさを痛感せざるをえません。

罪悪深重と親鸞聖人が述べられたように、私たちの愚かさはどこまでも根深いものです。私たちは、阿弥陀さまの智慧の光に照らされてこそ、その愚かさに気づかされるのです。あらゆる命あるものは、過去から現在へ、現在から未来へと、無限の広がりをもって繋がっています。恒久的な平和を実現するためには、すべての生命の繋がりに目覚め、自己中心的なあり方、すなわち私たちの愚かさを克服していかねばなりません。

今もなお紛争が絶えない現実を目の当たりにし、これまでのあらゆる戦渦で犠牲になられた方々の心の無念さに、私たちはあらためて想いを寄せ、武器によっては世界の平和、全人類の幸福はもたらされないことを再度、共に自覚し、恒久の平和を目指すことを、今、ここに、あらためて誓いましょう。このことこそが、戦渦で亡くなられた方々を追悼することのまことの意味でありましょう。

「衆生病むがゆえに我もまた病む」という仏や菩薩の大慈大悲の心にはほど遠い私たちではありますが、阿弥陀さまの慈悲の光に包まれていることに気づかされる時、心を尽くして他者の痛みに寄り添い、希望ある未来の実現のために貢献しようという意志が生まれます。

尊い命が失われた歴史を後世に語り継ぎ、それを教訓として、自他共に心豊かに生きることのできる恒久平和の世界を実現するために、本日、私たちは「世のなか安穏なれ」との願いをこめて、日本各地で平和の鐘を響かせます。「響流十方」と響きわたるよう、この願いを世界に拡げてまいりましょう。

2013(平成25)年9月18日
総長 園城義孝

【平和宣言(英語)】

Peace Declaration

This year marks the sixty-eighth year since conclusion of Asia-Pacific War, which took the precious lives of many. On behalf of the Jodo Shinshu Hongwanji-ha organization, I would like to pay my deepest respect and homage to all who have perished in wars regardless nationality, and would like to once again deeply engrave the sorrow of their families in our minds.

No matter how much we desire peace, there continues to be disputes and unceasing warfare throughout the world. Even at this very moment, many precious lives are being lost. Despite our mentioning the dignity of life, we are made painfully aware of our stupidity as human beings because of our contradiction of robbing the lives of many.

As Shinran Shonin, the founder of the Jodo Shinshu teaching explains, our karmic evil is ever so deeply rooted. Only through being illuminated by Amida Buddha's compassionate light are we able to become aware of our foolishness. Buddhism teaches us that all life from past to present and from present to future is infinitely interconnected in a boundless network. In order to realize lasting peace, we need to awaken to this interconnection of all life, strive to free ourselves of our self-centered way of thinking, endeavoring to overcome our stupidity.

Seeing the reality of the world's situation in which armed conflicts do not seem to cease, we must be mindful of the victims who lost their lives in war, and together realize and reaffirm that neither world peace nor happiness can be realized through armed force. Let us now once again pledge to endeavor toward the realization of lasting peace. I feel that this is the true significance of mourning and paying tribute to all who lost their lives in war.

"The suffering of sentient beings, is also my suffering." are the words found in the sutras that express the heart of the great compassion of buddhas and bodhisattvas. Although we may be far from such selflessness, it is only when we become aware we are embraced by Amida Buddha's compassionate light that are we able to earnestly desire to share in the sorrow of others and contribute to the realization of a bright future for every single being.

In passing down the history of those whose lives were sacrificed as lessons for future generations, and to bring about the realization of lasting world peace which will enable all beings to live life to the utmost, let us today, toll the bells of peace throughout Japan with the wish of "May Peace and Tranquility Prevail throughout the World." Letting the sounds of the bells reverberate in all directions, let us spread this wish throughout the world.

September 18, 2013

Governor General Giko Sonoki
Jodo Shinshu Hongwanji-ha


  • 宗門関係学校生徒作文表彰式

  • 献華

  • 庭儀

  • 平和の鐘

  • 平和宣言

  • 聖歌隊

  • 法要の様子

  • 法要の様子

  • 参拝者焼香
一覧に戻る

ホーム活動お知らせ第33回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要が修行されました

ページの先頭へ戻る