第32回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要が修行されました

2012年09月21日

 9月18日(火)、東京・国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑におきまして、「第32回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要」が修行され、約1,600名の参拝者にご参拝いただきました。

 本法要では、新たな取り組みとして、宗門として恒久平和への願いを新たにするため、橘正信総長より下記の通り「平和宣言」を行い、「平和の鐘」を撞きました。また、宗門関係学校生徒による、「いのちの尊さ」「非戦・平和の大切さ」をテーマとした作文の朗読及び表彰式が行われました。

 法要は、新門様にご参拝・ご焼香いただき、橘正信総長導師により、親鸞聖人750回大遠忌法要で制定された『宗祖讃仰作法 音楽法要』の和讃・念仏を取り入れた「正信念仏偈(音楽依用)」を初めておつとめましました。

 また、各国大使、国会議員、その他政財界関係者及び宗教界の来賓の方々にご参拝・ご焼香いただきました。なお、法要にあたり、マソード・ビン・モウメン駐日バングラデシュ大使より、非戦平和に関するメッセージを頂きました。

【平和宣言(日本語)】

平 和 宣 言

 アジア・太平洋戦争の終結後68年目にあたり、私たち浄土真宗本願寺派は、国内外のすべての戦没者に対して、心より追悼の意を表し、また、ご遺族の悲しみを、あらためて心に深く刻みます。

 多くの人びとの平和への願いにもかかわらず、世界では、今も各地で紛争が起こり、戦禍が絶えることはありません。敵対する人びとの憎悪の連鎖は止むことなく、この瞬間にも、数多くの命が失われ続けています。命の尊さを知りながら、命を奪い合う矛盾した在り方に、私たち人間という存在の根本的な愚かさがあります。

 命を奪い合った戦争による被害は、日本やアジア各地にわたりました。なかんずく、わずかひとつずつの原子爆弾投下によって、広島と長崎の多くの市民の命が一瞬のうちに失われ、また生き残った人びとも、今なお放射線や熱線の被害に苦しんでいます。あれから60年余り、私たちは、平和利用の名のもとに原子力開発をすすめ、原子力の事故が未曾有の災害をもたらすことを、知らず知らずのうちに、忘れてしまったのです。

 科学は物質的に大きな繁栄をもたらしました。しかし、飽くことなき欲望に基づいた科学の利用は、人類存亡の危機を招いてしまっているのです。この度の東京電力福島第一原子力発電所事故は、まさにその象徴的な事例となってしまいました。

 現代社会で、私たちは、科学的な知識と際限なき欲望とのバランスを失ってしまいました。今や、あらためて、自己の欲望の根深さを見つめなおし、真実の智慧に照らされながら、心の豊かさと根本的な幸せとは何かを問い続けつつ、価値観の転換を促し、自他共に心豊かに生きることのできる社会の実現をめざしてまいりましょう。

 この地球上に命が誕生して以来、あらゆる生命体は、命を伝え、過去から現在へ、現在から未来へと、無限の広がりをもって繋がっています。恒久的な平和を実現するには、すべての生命の繋がりに目覚め、自己中心的な在り方の愚かさを克服していかねばなりません。

 尊い命が失われた歴史を後世に語り継ぎ、人類の叡智を結集し、恒久的な平和を実現するために、本日、私たちは、日本の各地で平和の鐘を響かせます。その響きに「世のなか安穏なれ」との願いをこめて世界に拡げてまいります。

2012(平成24)年9月18日

【平和宣言(英語)】

Peace Declaration

  On the 68th anniversary of the end of the Asia-Pacific War, we, Jodo Shinshu Hongwanji-ha, express our profound sorrow at the loss of all lives, both foreign and domestic, perished in war and extend our deep sympathy to the bereaved.

  Despite peoples’ wish for peace, we are still faced with unceasing conflicts all over the world. Unbreakable chains of hatred that bind us have never stopped, and a great number of lives continue to be lost even at this moment. The contradiction that while appreciating the value of individual life, we take the lives of others constitutes the fundamental folly of our existence as human beings.

  The Asia-Pacific War caused widespread damage. In particular, the tragedies of Hiroshima and Nagasaki must never be forgotten. Terrible casualties were inflicted by just one atomic bomb in each location, and the survivors continue to suffer the effects of radiation and serious burns to this day. Nevertheless, we have promoted the development of nuclear power in the name of “peaceful uses,” and have come to forget the fact that nuclear power cannot be adequately controlled by human beings.

  The development of science and technology has brought massive prosperity to us all. However, the exploitation of science and technology driven by unlimited desire has caused a fateful crisis for human beings. The meltdown incident at TEPCO’s Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant symbolized this problem.

  In our contemporary society, we have lost the way to keep a healthy relationship between knowledge of science and technology, and our desires?a balance which is more likely to become disrupted. We should start to rethink what true enrichment is and wherein true happiness lies, by reflecting on the depth of our desire and summoning the wisdom which has appeared in our history. We should then urge ourselves to change our values and work toward the realization of a society in which everyone is able to live a life of spiritual fulfillment.

  Since the emergence of life on earth, all sentient beings, as they convey life to subsequent generations, are infinitely connected from the past to the present, and the present to the future. In order to realize true world peace, and to achieve true enrichment and happiness, we must become aware of this vast connection among all beings, and thereby make efforts to mitigate the outcomes of our self-centeredness.

  Today, in order to hand down the lessons of history behind which countless lives have been sacrificed, and to help bring about true peace by summoning our wisdom, we ring the bells of peace throughout Japan. Together with the sound of the resonating bells, we shall spread the wish “May Peace and Tranquility Prevail Throughout the World.”

September 18, 2012


千鳥ヶ淵戦没者墓苑入口

宗門関係学校生徒作文表彰式

献華

庭儀

平和の鐘

平和宣言朗読

法要の様子

聖歌隊

来賓焼香

宗門関係学校生徒代表焼香
一覧に戻る

ホーム活動お知らせ第32回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要が修行されました

ページの先頭へ戻る