第34回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要が修行されました

2014年09月30日

第34回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要が修行されました

 9月18日(木)、東京・国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑において、ご門主様ご親修のもと「第34回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要」を修行し、約2,200名の参拝者にご参拝いただきました。
 宗門として恒久平和への願いを新たにするため、石上智康総長より下記の通り「平和宣言」を行い、「世のなか安穏なれ」との願いを込めて「平和の鐘」を撞きました。また、宗門関係学校生徒による、「いのちの尊さ」「非戦・平和の大切さ」をテーマとした作文の朗読及び表彰式が行われました。
 法要は、親鸞聖人750回大遠忌法要で制定された『宗祖讃仰作法 音楽法要』の和讃・念仏を取り入れた「正信念仏偈(音楽依用)」をおつとめしました。
 また、各国大使、政党代表、国会議員、その他政財界関係者及び宗教界の来賓をはじめ、教区・寺院での団体参拝など各地から多くの方々にご参拝・ご焼香いただきました。

【平和宣言(日本語)】

浄土真宗本願寺派
平和宣言

 

 多数の民間人を含む、尊い命が犠牲となったアジア・太平洋戦争が終結して、今年で69年になります。悲惨な戦争は二度と起こすまいという願いを持って、ここ千鳥ヶ淵に参集した私たちは、戦争で犠牲となられた国内外のすべての方々に対して、心より追悼の意を表します。そして、ご遺族の方々の心に消えることのない悲しみを、あらためて私どもの心に深く刻みます。

 

 世界では今もなお各地で紛争が起こり、戦火の絶えることがありません。そして、この瞬間にも数多くの尊い命が失われ続けています。歴史上、世界各地で悲惨な戦争がしばしば繰り返されてきましたが、それを歴史の教訓とすることなく、私たちは争いを繰り返してきているのです。この止むことのない世界の争いの根本的な原因は、理性では克服することのできない、人間の自己中心的な在り方、人間の根本的な愚かさにあることを、心の底から気づかねばなりません。

 

 「煩悩成就のわれら」と親鸞聖人が述べられたように、どこまでも根深い煩悩と愚かさに根差しているのが人間という存在なのです。そういう私たちではありますが、阿弥陀如来の智慧の光に照らされて、その愚かさに気づかされるのです。そして、おのれの内なる愚かさに気づかされた私たちは、現実に生きるこの世界において、常に過去の歴史に学び、愚かな過ちを再びおかすことのないよう、また自己本位で排他的なあり方に厳しい批判的な目を持ち、この地上世界に平和が実現するよう努めるべきでありましょう。

 

 縁起の真理に目覚められた釈尊は「一切の生きとし生けるものは、幸福であれ、安穏であれ、安楽であれ」と願っておられます。この世界に存在する生きとし生けるものは、私たち凡夫の計らいを超え、縁起によって互いに深く関わり合っているのです。釈尊から2500年隔てた私たちの願いもまた、私たち生きとし生けるものすべてが、戦争のない安穏な社会で、皆ともに幸せに生きていくことにあります。この普遍の理想を実現するために、互いに排他的な憎しみの心を克服し、尊い命を奪い合うという愚かな争いをこの地球上からなくすことこそ、私たちすべてが共有すべき目標であることを互いに確認いたしましょう。

 

 過去から現在に至るまでの、あらゆる戦渦で犠牲になられた方々の心の無念さに、私たちはあらためて想いを寄せ、武器によっては世界の平和、人類の幸福はもたらされないことを再度、共に自覚し、恒久の平和を目指すことを、今、ここに、改めて誓いましょう。このことこそが、戦渦で亡くなられた方々を追悼することのまことの意味でありましょう。

 

 尊い命が失われた歴史を後世に語り継ぎ、それを教訓として、自他共に心豊かに生きることのできる真の平和をこの世界に実現するために、今年もまた、この日に、私たちは「世のなか安穏なれ」との願いをこめて、日本各地で平和の鐘を響かせます。「響流十方」と響きわたるよう、この願いを世界に拡げてまいりましょう。

2014(平成26)年9月18日
浄土真宗本願寺派

【平和宣言(英語)】

 

Peace Declaration

 

This year marks the sixty-ninth year since the conclusion of the Asia-Pacific War, which took the precious lives of countless people, many of whom were civilians.  We, who have gathered here today at Chidorigafuchi, with firm resolution never to repeat tragic wars, would like to pay our deepest respects and homage to all, both within and outside of Japan, who perished in wars and would like to once again deeply engrave the sorrow of their families in our hearts.

 

There continues to be disputes somewhere in the world with no signs of ceasefire.  Even at this very moment, many precious lives are being lost.  Throughout history, countless disastrous wars have taken place in the world, but we have failed to learn from them and continue to fight.  It is important that we become truly aware that this never-ending cycle of war is a result of our own self-centeredness and foolishness that are basic human tendencies which cannot consciously be controlled logically.

 

Shinran Shonin, the founder of the Jodo Shinshu teaching has described humans as “we, who are possessed of blind passions,” which explains our egoistic desires with which we are constantly preoccupied.  Though this may be so, being showered by the infinite wisdom of Amida Buddha, we come to realize our innate ignorance.  In so doing, amidst living in the reality of the world, we must strive to make world peace a reality by constantly learning from the past and be critical of our self-centered stance so that we will not repeat the same mistakes.

Sakyamuni Buddha, wishing for the happiness, peace, and well-being of all living beings, awakened to the ultimate principle of dependent origination.  Beyond our foolish calculations, all living beings in this world are deeply connected to one another according to this very principle.  Even after two thousand five hundred years since the time of Sakyamuni Buddha, we too wish for all living beings to live in a war-free and peaceful society where we can all happily live together.  In order to realize this universal ideal, let us confirm our common goal of ridding ourselves of our closed minds filled with hatred, and eradicate ignorant battles stealing precious life from this earth.

 

Sharing in the feeling of regret felt by those who were victimized by wars of the past and present, and reconfirming our awareness that weapons would bring neither world peace nor human happiness, let us pledge that we shall work together in realizing eternal world peace.  Only through this reflection can we truly honor those who have lost their lives through war.

 

As a learning opportunity for all, passing down the stories of the precious lives lost to war onto future generations will allow us to live in harmony and realize everlasting peace throughout the world.  This year, we once again toll the bells of peace throughout Japan with the wish of “May Peace and Tranquility Prevail throughout the World.” Letting the sounds of the bells reverberate in all directions, let us spread this wish throughout the world.

September 18, 2014

Jodo Shinshu Hongwanji-ha


  • 宗門関係学校生徒作文表彰式

  • 献華

  • 庭儀

  • 平和の鐘

  • 平和宣言

  • 聖歌隊

  • 法要の様子

  • 法要の様子

  • 来賓焼香

  • 参拝者焼香
一覧に戻る

ホーム活動お知らせ第34回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要が修行されました

ページの先頭へ戻る