晨朝勤行並びに恒例法要の内容変更について

2014年12月01日

 今般 本願寺の御堂で修行する晨朝勤行について、年間を通じ時間の統一性を図り、またそれに関連した恒例法要においても参拝者の奨励を行うため、2015(平成27)年1月より変更をいたしますので周知いただきますようお知らせいたします。

<変更後の内容について>

(1)平常の晨朝勤行について

  ①毎月1日  
    阿弥陀堂:讃佛偈・短念佛・回向(現行通り)
    御 影 堂:正信偈(草譜)
          御堂法話・御文章拝読
    ※佛飯経(御影堂 正信偈和讃後の阿弥陀経)については同日午前中に修行する(1月は6日に修行)
        ・・・佛飯経とは「諸国佛飯講永代経法要」の略称。

  ②毎月7日・11日(源空聖人御命日・上宮太子御命日)
    阿弥陀堂:讃佛偈・短念佛・回向
    御 影 堂:正信偈(草譜)
    ※阿弥陀堂 讃佛偈後の奉讃早引(7日:源空章、11日:太子章)については、
     両堂晨朝終了後、阿弥陀堂にて修行する

  ③春・秋 彼岸会 (3)参照

(2)元旦会(1月1日 午前6時頃修行)

    阿弥陀堂:無量寿経作法第二種
    御 影 堂:廣文類作法  総序の御文拝読
    ※修正会については同日10時より阿弥陀堂にて「修正会作法」を修行する

(3)春季・秋季 彼岸会 法要内容変更


晨 朝(午前6時)

日中法要(午前10時)

逮夜法要(午後2時)

第1日

阿弥陀堂:重誓偈(律曲)・乙回向句

御 影 堂:般舟讃
      讃嘆・御文章拝読

「無量寿経作法」
      雅楽依用

頂礼文・讃佛偈律曲・
奉讃早引(龍樹章)・
念佛・回向 雅楽依用

第2日

阿弥陀堂:讃佛偈・短念佛・回向

御 影 堂:正信偈(行譜)
      御堂法話・御文章拝読

頂礼文・讃佛偈律曲・
奉讃早引(天親章)・
念佛・回向 雅楽依用

第3日

阿弥陀堂:讃佛偈・短念佛・回向

御 影 堂:正信偈(行譜)
      御堂法話・御文章拝読

 

頂礼文・讃佛偈律曲・
奉讃早引(曇鸞章)・
念佛・回向 雅楽依用

第4日
(中日)

阿弥陀堂:漢音小経・短念佛・回向

御 影 堂:般舟讃
      讃嘆・御文章拝読

「讃佛講式作法」
      雅楽依用

頂礼文・讃佛偈律曲・
奉讃早引(道綽章)・
念佛・回向 雅楽依用

第5日

阿弥陀堂:讃佛偈・短念佛・回向

御 影 堂:正信偈(行譜)
      御堂法話・御文章拝読

 

頂礼文・讃佛偈律曲・
奉讃早引(善導章)・
念佛・回向 雅楽依用

第6日

阿弥陀堂:讃佛偈・短念佛・回向

御 影 堂:正信偈(行譜)
      御堂法話・御文章拝読

 

頂礼文・讃佛偈律曲・
奉讃早引(源信章)・
念佛・回向 雅楽依用

第7日

阿弥陀堂:重誓偈(律曲)・乙回向句

御 影 堂:般舟讃
      讃嘆・御文章拝読

(春)「観無量寿経作法」
      雅楽依用
(秋)「阿弥陀経作法」  
      雅楽依用

 

※文中の正信偈のお勤めは正信偈・念佛和讃(六首引)・回向となります。

 

一覧に戻る

ホーム活動お知らせ晨朝勤行並びに恒例法要の内容変更について

ページの先頭へ戻る