ネパール開教地にかかるご報告

2015年05月20日

2015(平成27)年4月25日に発生したネパール地震の見舞いと被災状況視察等のため5月15日(金)からの4日間、榮俊英寺院活動支援部長・楠秀峰社会部長ら職員3名が、ネパール開教地に出向した。5月17日には、ネパール開教事務所のあるカトマンズ本願寺で大谷家、宗派、仏教婦人会総連盟からの義援金をソナム・ワンディ・ブッディヤ開教事務所長に伝達。カトマンズ本願寺は基礎設計がしっかりしていたため、天井板一部はく落や壁の一部に亀裂等が見られるものの、大きな修復は不要な状態。カトマンズ本願寺に所属するメンバーからも現在のところ、被害報告がないことを確認した。また、現地によると救援物資の配布については、人々が殺到して大きな混乱が生じる可能性が高く、事前に軍に協力要請して同行してもらう必要があるため、思うように活動できていない。また、宗派職員の出向期間中に、市内の被災状況を視察、および日本大使館に出向し今後宗派として可能な支援活動などを相談した。


見舞金伝達
 
カトマンズ本願寺にて

カトマンズ本願寺(天井被害)
 
カトマンズ本願寺(内陣天井被害)

カトマンズ本願寺外塀 (修復済)
 
カトマンズ本願寺外塀(修復作業)

避難テント
 
被災状況(スワヤンブナート)

被災状況(ダルバール)
 
被災状況(ダルバール)

被災状況(バクタプル)
 
被災状況(バクタプル)

引き続き、「ネパール地震災害義援金」の募金にご協力いただきますよう、下記の通りお願い申しあげます。

1.募金の名称

浄土真宗本願寺派 たすけあい運動募金
「ネパール地震災害義援金」

2.受付口座番号

郵便振替 01000-4-69957
加入者名 たすけあい募金
通信欄に「ネパール地震」とご記入ください。
通常払込料金加入者負担払込書用紙(赤色)をご使用ください。
払込用紙をご希望の場合は、送付いたしますので、社会部〈災害対策担当〉までご連絡ください。

3.受付期間 

2015(平成27)年4月27日(月)から2015(平成27)年7月31日(金)まで

4.問い合わせ先

〒600-8501京都市下京区堀川通花屋町下ル本願寺門前町
       浄土真宗本願寺派伝道本部
       社会部<災害対策担当>
       TEL075-371-5181
       FAX075-365-6199

一覧に戻る

ホーム活動お知らせネパール開教地にかかるご報告

ページの先頭へ戻る