台風11号による大雨等にかかる被害について(第1報)

2015年07月22日

台風11号による大雨等にかかる被害状況及び対応について、下記の通りお知らせいたします。



1.被害状況(7月21日午後4時現在)
  京都教区 寺院被害 天何組1ヵ寺
倉庫屋根損傷
  奈良教区 門信徒被害  吉野南組1ヵ寺
擁壁崩壊による家屋損傷
  兵庫教区 寺院被害 多紀組1ヵ寺
庫裏屋根損傷・雨漏り
    門信徒被害 赤穂南組1ヵ寺
門信徒1人死亡・床下浸水4軒
  四州教区 寺院被害

飯山南組1ヵ寺、徳島西組1ヵ寺
鐘楼屋根損傷、本堂屋根損傷

2.対  応

(1)社会部<災害対策担当>にて情報収集、福井・京都・奈良・大阪・和歌山・兵庫・山陰・四州・備後・安芸教区被害状況確認・報告を依頼(7月18日)

(2)被災寺院へ随時、総長名見舞電報打電(7月18日~)

(3)死亡門信徒遺族へ、死亡扱い交付(7月19日)

(4)被災寺院に見舞い状及び見舞いタオル送付(7月21日)

一覧に戻る

ホーム活動お知らせ台風11号による大雨等にかかる被害について(第1報)

ページの先頭へ戻る