「島根県西部を震源とする地震」について(第3報)

2018年05月14日

 「島根県西部を震源とする地震」による被害状況及び対応について、5月14日現在、被害寺院数は41ヶ寺となっております。子細について下記の通りお知らせいたします。

1.一般寺院被害状況

寺院被害 41ヶ寺(現在継続調査中)

山陰教区 神門組3ヶ寺飯南組4ヶ寺、大田東組28ヶ寺、大田中組3ヶ寺、大田西組1ヶ寺、
佐波組1ヶ寺、川本組1ヶ寺
被害内容 本  堂 柱ヒビ、梁歪み、外柱位置ずれ、屋根瓦ずれ・亀裂・落下、
内外壁亀裂・剥離・落下、宮殿損壊、天井脱落、欄間落下、
仏具転倒・落下・外陣灯籠落下、向拝階段亀裂等、本尊一部欠損等
庫  裏 柱ねじれ・梁歪み・玄関柱折れ、屋根瓦ずれ・亀裂・落下、内外壁亀裂・剥落、
天井一部落下等
附属建物
・その他
鐘楼倒壊・傾斜・瓦落下・漆喰剥落・門柱ずれ、山門倒壊・瓦損壊・漆喰剥落、
経蔵石垣ずれ・壁剥落・瓦損壊、納骨堂壁剥離、渡り廊下ずれ・壁剥落、
墓石・灯籠・石碑ずれ・倒壊、石垣崩落、塀の壁亀裂・剥落・瓦損壊・崩落、
天水桶破損、裏山土砂崩れ、車庫外壁亀裂

門信徒被害(現在継続調査中)

2.対  応

  • ・社会部<災害対策担当>部長見舞出向(4月9日~11日)
  • ・山陰教区災害対策委員会に見舞金を交付(4月9日)
  • ・山陰教区教務所へ見舞タオルを送付(4月9日)
  • ・被災寺院へ随時、総長名見舞電報打電(4月9日~)
  • ・門徒宛見舞状・見舞タオルを送付(4月10日)
  • ・被災寺院宛見舞状・見舞タオルを送付(4月11日~)
  • ・引き続き、寺院・門信徒被害について情報収集中
  • ※前報よりの追加変更箇所を下線表記いたしております。
一覧に戻る

ホーム活動お知らせ「島根県西部を震源とする地震」について(第3報)

ページの先頭へ戻る