2018(平成30)年 大谷本廟「朝の法座」について

2018年07月19日

このたび、2018(平成30)年8月6日(月)から8月10日(金)までの5日間にわたって、大谷本廟仏殿におきまして、「朝の法座」を開催いたします。申込不要・参加無料ですので、皆さまお誘いあわせのうえ、ぜひお越しください。

「朝の法座」とは

京都市内の寺院では、「暁天講座(ぎょうてんこうざ)」という名称で親しまれており、大谷本廟がある東山区では知恩院(ちおんいん)をはじめとして各寺院で5日間ずつ、大谷本廟ではその締めくくりの法座が修行されています。 朝6時よりのお勤めの後、講師よりお話、そして朝粥の接待がございます。

1. 期 日 2018(平成30)年8月6日(月)~10日(金)
2. 場 所 大谷本廟 仏殿
大谷本廟へのアクセスはこちら
※大谷本廟は本願寺とは別の場所(東山五条)にございます。
3. 日 程

5:30   開門

6:00~  朝のおつとめ

      引き続き お話し(約50分)

7:10   閉会(恩徳讃)

引き続き  参拝者朝粥接待(菜の花・研修道場)

4. 講師・講題

6日(月)

 本願寺参与

 公益財団法人東亜総研代表理事・会長

 元自由民主党幹事長

 武部 勤

 「日本の国柄について思うこと」

7日(火)

 (株)よしもとクリエイティブ・エージェンシー 取締役

 白仁田 佳恵

 「笑って生きる」

8日(水)

 真宗大谷派参務

 八島 昭雄

 「念仏者は無碍の一道なり」

9日(木)

 本願寺派布教使

 清岡 隆文(大阪教区 島下組 大光寺)

 「心やすらかに」

10日 (金)

 本願寺派勧学 龍谷大学名誉教授

 林 智康(福岡教区 嘉麻組 光円寺)

 「「安城御影」と『尊号真像銘文』」

詳しくは大谷本廟ホームページをご覧ください

一覧に戻る

ホーム活動お知らせ2018(平成30)年 大谷本廟「朝の法座」について

ページの先頭へ戻る