浄土真宗本願寺派社会福祉推進協議会 『手話で表す仏教用語②』を刊行

2019年03月14日

 浄土真宗本願寺派社会福祉推進協議会は、「障がい者福祉活動への取り組み」として、浄土真宗の専門用語の手話表現をまとめた『手話で表す仏教用語②』を刊行し、無料で配布しております。

同書は、「仏教」「僧侶」など仏教の基本用語の手話表現をまとめた『手話で表す仏教用語』(2011年3月発行)の続編で、浄土真宗の教義に関わる用語を多数収録しており、イラストで手話通訳者の手や指の動きを矢印でわかりやすく示すなど、初めて手話を学ぶ人にも親しみやすい内容となっています。

 同会は御正忌報恩講法要など本山本願寺の法要で手話通訳を行っており、本書は数ある仏教や浄土真宗の専門用語の中から、それらの法要でのご親教(ご門主法話)や法語で使用される用語を中心に79の用語を選び、作成したものです。

 社会部ホームページにてデータを公開しておりますので、ぜひご活用ください。

手話で表す仏教用語2画像

手話で表す仏教用語2-「浄土真宗本願寺派社会部<社会事業担当>ホームページ」

お問い合わせ先
〒600-8501 京都市下京区堀川通花屋町下る
       浄土真宗本願寺派社会部<社会事業担当>内
       浄土真宗本願寺派社会福祉推進協議会事務局
       電話:075-371-5181(代) FAX:075-371-5217
       E-mail:shakai-jigyo@hongwanji.or.jp
一覧に戻る

ホーム活動お知らせ浄土真宗本願寺派社会福祉推進協議会 『手話で表す仏教用語②』を刊行

ページの先頭へ戻る