親鸞聖人850年・立教開宗800年についてのご消息披露 総局巡回
<2019(令和元)年度 公聴会 併催>について

2019年08月07日

 本年1月9日に、第25代専如ご門主よりご発布賜りました「親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年についての消息」を披露し、その趣旨演達を行い、来たる法要に向けた機運を高めるため、総局による教区巡回を実施いたします。門信徒の方もお誘いあわせのうえ、ご参加くださいますようお願い申しあげます。

 さらに、宗門が抱える諸課題の中から、特に総局が広く全国の僧侶、寺族、門信徒から意見・提言を伺いたい事項について、公聴会を併催いたします。協議の一つに「僧侶育成体系プロジェクトについて(住職・坊守)」がございます。ぜひ、坊守の方もご参加くださいますよう重ねてご案内申しあげます。

 なお、会場の収容人数および配布資料の都合上、お手数ですが、ご参加にあたっては事前に所属教区教務所へご連絡くださいますようお願いいたします。(教務所からのご案内通知をご参照ください)

巡回内容

  1. <第1部(御消息披露式典)> 約50分
  2.  (1) 開会の辞
  3.  (2) 勤行(重誓偈)
  4.  (3) ご消息披露
  5.  (4) ご消息伝達(教務所長拝受)
  6.  (5) 趣旨演達
  7.  (6) 特命布教
  8.  (7) 閉会の辞

【休憩】

  1. <第2部(公聴会)> 約2時間30分
  2.  (1) 開会の挨拶(教務所長)
  3.  (2) 出向者紹介
  4.  (3) 総局挨拶
  5.  (4) 【報告】
    ①「子どもたちの笑顔のために募金」のお願いについて
    ② 親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要の意義について
    ③「得度式規程」「教師規程」「布教使課程設置規程」等の制定について
  6.  (5) 【協議】<説明>
    ① 賦課基準の見直しについて【2020(令和2)年4月1日実施】
    ② 僧侶育成体系プロジェクトについて(住職・坊守)
  7.     <意見聴取>
  8.  (6) 総局まとめの挨拶
  9.  (7) 恩徳讃
  10.  (8) 閉会の挨拶
  1. ※協議内容について
  2. ①賦課基準の見直しについて【2020(令和2)年4月1日実施】
    現在、宗門財政構想委員会において、2020(令和2)年4月1日に予定しております賦課基準の見直しについて、これまでの公聴会をはじめ、宗門内各種会議での意見提言を踏まえ、協議がなされております。このたびは、宗門財政構想委員会から提出された中間答申(2019/6/18)に基づき、来年4月1日実施の見直し案をご提示し、皆様からご意見・ご提言を頂戴いたしたく存じます。
    ※中間答申を『宗報』8月号に掲載いたします。事前にご清覧ください。
  3. ②僧侶育成体系プロジェクトについて(住職・坊守)
    2018(平成30)年2月に「10年、20年後の日本社会で求められる僧侶、教師、住職、布教使、特別法務員及び坊守の育成体系創出にかかる具体策」(『宗報』2018年4月号掲載)が議決されました。昨年の公聴会では、その中から「僧侶」「教師」「布教使」について僧侶育成体系プロジェクト委員会から提出された第1次答申についてご説明し、頂いたご意見等を踏まえ、新たに法規の制定を行いました。本年度はその具体策に基づき、特に「住職」「坊守」について、同委員会にて協議されております内容(研修のあり方や今後の方向性案等)をご提示し、ご意見・ご提言を頂戴いたしたく存じます。
    ※当日配布資料を『宗報』8月号に掲載いたします。事前にご清覧ください。

日時および会場

佐賀教区「親鸞聖人御誕生850年立教開宗800年についてのご消息披露総局巡回(2019年度 公聴会併催)」延期日(開催日)決定について

沖縄県宗務特別区「親鸞聖人御誕生850年立教開宗800年についてのご消息披露総局巡回(2019年度 公聴会併催)」延期日(開催日)決定について

一覧に戻る

ホーム活動お知らせ親鸞聖人850年・立教開宗800年についてのご消息披露 総局巡回について

ページの先頭へ戻る