2015(平成27)年度布教使課程C(研修会受講制)コース検定試験実施要項

2015年02月27日

2015(平成27)年度布教使課程C(研修会受講制)コース開講にあたり、検定試験を下記の通り実施します。

1.試 験 日  

第1回 2015(平成27)年4月30日(木)~5月1日(金)
  受付:4/30(木) 午前9時30分~9時50分
第2回 2015(平成27)年7月16日(木)~17日(金)
  受付:7/16(木) 午前9時30分~9時50分

※応募人数によって、試験日数を短縮する場合もありますので、当日の試験時間詳細については、願書締め切り後文書をもって通知します

2.願書受付期間  

第1回 3月16日(月)~4月3日(金) 
第2回 5月25日(月)~6月19日(金) 

3.会  場

伝道院  〒600-8346 京都市下京区正面通油小路玉本町196  

4.受験資格  

(1)A(全寮制)コース、B(龍谷大学大学院実践真宗学研究科)コースを受講し難い教師

(2)布教使として積極的に伝道活動を志す者

(3)上記(1)(2)に該当する者で、布教団長の推薦を受けた者

5.出願手続  

下記書類(所定の用紙)を各教区教務所・沖縄県宗務事務所を通じて僧侶養成部<布教使担当>宛提出

※願書は各教区教務所・沖縄県宗務事務所、もしくは僧侶養成部<布教使担当> にて取り寄せること

受 験 願 1通

履 歴 書 1通(2頁)

返信用封筒 2通 (長形3号・角形2号をそれぞれ1通)・・・受験願受理通知用、合否判定通知用

各々の封筒の表に必ず住所・名前を明記し、速達特定記録として522円(長形3号)・570円(角形2号)分の切手を貼付のこと

6.試験内容  

筆記試験・実演試験、面接

<実演試験について>

実演時間:御讃題~終了まで(御文章の拝読は含まない)8分以上10分以内

下記3首の和讃から1首を御讃題として法話を行う

 

・十方微塵世界の 念仏の衆生をみそなはし 摂取してすてざれば 阿弥陀となづけたてまつる 『浄土和讃』

・生死の苦海ほとりなし ひさしくしづめるわれらをば 弥陀弘誓のふねのみぞ のせてかならずわたしける 『高僧和讃』

・如来の作願をたづぬれば 苦悩の有情をすてずして 回向を首としたまひて 大悲心をば成就せり 『正像末和讃』

7.服  装  

筆記試験並びに面接:略服第二種[布袍・墨輪袈裟・平服・単念珠]または、正服第二種[布袍・墨輪袈裟・白服・単念珠]

実演試験:略装第三種[黒衣・墨輪袈裟・白服・中啓・双輪念珠]

※双輪念珠は切房のものを使用のこと。スリッパ(上履き)をご持参ください

8.経  費  

願記冥加 ¥8,000.-(受講願提出時に納入)

※試験辞退(欠席)の場合であっても返金はできません

出願の際、賦課金の滞納や書類の完備されていないものは受理できません

 

 

一覧に戻る

ホーム活動募集2015(平成27)年度布教使課程C(研修会受講制)コース検定試験実施要項

ページの先頭へ戻る