2015(平成27)年度 宗務員資格試験実施要項

2015年06月12日

1.第84回事務員資格試験

(1)試験期日

2015(平成27)年8月28日(金)午前9時より

(2)試験会場

伝道本部2階 研修室1~4

(3)試験内容 

(イ)筆記試験   真宗学 真宗史 宗門法規 宗教関係法令 論文
(ロ)口述試験   筆記試験に合格した者について実施する。但し、地方宗務機関からの受験者には便宜をはかり、筆記試験に引き続いて口述試験を実施する。

(4)受験資格 

(イ)   試験施行日までに1年以上の宗務経歴を有する第2種宗務員のうち、宗務員規程第37条の規定による基本講習会の課程を修了 した者。
(ロ)   宗法第23条第2項第1号から第4号までの各号に該当する者及び賦課金を納付していない者は、受験を願い出ることができない。

(5)受験手続 

(イ)願書締切   資格試験を願い出る者は、上長宗務員の許可を得て所定の受験願書に冥加金を添えて、試験施行日の3日前までに所務部(人事担当)宛提出しなければならない。
(ロ)受験冥加   12,000円

(6)科目免除 

(イ)   真宗学及び真宗史については、教師検定科目課程の証明書提出をもって免除科目とする。(教師取得者は提出不要)
(ロ)   第82回(平成25年度)及び第83回(平成26年度)事務員資格試験にて合格した科目については、その科目合格証(写)提出を もって免除科目とする。

(7)講 習 会  

受験者を対象とする「基本講習会」を実施する。

2.第84回法務員資格試験

(1)試験期日  

2015(平成27)年8月20日(木)午前9時より

(2)試験会場  

勤式指導所

(3)試験内容 

(イ)筆記試験   法式作法
(ロ)実演試験   声明および作法
(ハ)口述試験   筆記試験および実演試験に合格した者について実施する。但し、地方宗務機関からの受験者には便宜をはかり、筆記試験・実演試験に引き続いて口述試験を実施する。

(4)受験資格 

(イ)   試験施行日までに1年以上の宗務経歴を有する第2種宗務員のうち、浄土真宗本願寺派教師で宗務員規程第37条の規定による基本講習会の課程を修了した者。
(ロ)   勤式指導所において、練習生の教科課程を修了した者。
(ハ)   宗法第23条第2項第1号から第4号までの各号に該当する者及び賦課金を納付していない者は、受験を願い出ることができない。

(5)受験手続 

(イ)願書締切   資格試験を願い出る者は、上長宗務員の許可を得て所定の受験願書に冥加金を添えて、試験施行日の3日前までに所務部(人事担当)宛提出しなければならない。受験資格(ロ)により、受験を願い出る者は、勤式指導所練習生課程修了証(写)を添付しなければならない。
(ロ)受験冥加   12,000円

(6)科目免除  

第82回(平成25年度)及び第83回(平成26年度)法務員資格試験にて合格した科目については、その科目合格証(写)提出をもって免除科目とする。

(7)講 習 会  

受験者を対象とする「基本講習会」を実施する。

3.第84回特別法務員資格試験

(1)試験期日  

2015(平成27)年8月21日(金)午前9時より

(2)試験会場  

勤式指導所

(3)試験内容 

(イ)筆記試験   音楽理論の概要および法式作法
(ロ)実演試験   声明・作法・雅楽(管楽器の一種および打楽器または絃楽器の一種を選択)・音感考査
(ハ)口述試験   筆記試験および実演試験に合格した者について実施する。但し、地方宗務機関からの受験者には便宜をはかり、筆記試験・実演試験に引き続いて口述試験を実施する。

(4)受験資格 

(イ)   第2種宗務員のうち法務員資格試験合格者である者。
(ロ)   勤式指導所において、研究生の教科課程を修了した者。
(ハ)   宗法第23条第2項第1号から第4号までの各号に該当する者及び賦課金を納付していない者は、受験を願い出ることができない。

(5)受験手続 

(イ)願書締切   資格試験を願い出る者は、上長宗務員の許可を得て所定の受験願書に冥加金を添えて、試験施行日の3日前までに所務部(人事担当)宛提出しなければならない。受験資格(ロ)により、受験を願い出る者は、勤式指導所研究生課程修了証(写)を添付しなければならない。
(ロ)受験冥加   20,000円

(6)科目免除  

第82回(平成25年度)及び第83回(平成26年度)特別法務員資格試験にて合格した科目については、その科目合格証(写)提出をもって免除科目とする。

一覧に戻る

ホーム活動募集2015(平成27)年度 宗務員資格試験実施要項

ページの先頭へ戻る