2016(平成28)年度 布教講会 開催要項

2016年07月22日

1.開講テーマ

伝道の開拓 ~いかにはたらきかけていくのか~

2.趣 旨 

昨年度に引き続き「伝道の開拓」を開講テーマとしました。ご門主さまの『法統継承に際しての消息』には「宗門の現状を考えます時、各寺院にご縁のある方々への伝道はもちろんのこと、寺院にご縁のない方々に対して、いかにはたらきかけていくのかを考えることも重要です。」とのお示しをうけ賜りました。浄土真宗のご安心の要ともいえる「他力本願」「悪人正機」「往生浄土」も多くの人々に伝わりにくい時代となっています。そこで、これまで受け継がれてきた布教伝道にたずね、これから、多くの方々にお念仏のみ教えを伝えていくアプローチを「伝道の開拓」といった視座から探っていきたいと思います。

3.期 日 

2016(平成28)年9月12日(月)~16日(金) <5日間>

日程PDFダウンロード

4.会 場

聞法会館

〒600-8357 京都市下京区堀川通花屋町上ル TEL:075-342-1122

5.会衆対象予定

1981(昭和56)・1986(昭和61)・1991(平成3)・1996(平成8)

2001(平成13)・2006(平成18)・2011(平成23)年度任用布教使

 5年目

2011(平成23)年度

47人

25年目

1991(平成3)年度

41人

  10年目

2006(平成18)年度

93人

30年目

1986(昭和61)年度

85人

  15年目

2001(平成13)年度

78人

35年目

1981(昭和56)年度

52人

  20年目

1996(平成8)年度

45人

合 計

441人

6.定 員 

90人(定員に達した時点で受付締め切り)

7.申込期間 

2016(平成28)年7月8日(金)~8月22日(月)

8.講  師 

(1)教 講  藤田徹文(布教使) 
  講題「きくこと 語ること」
(2)副 講

内藤昭文(司教)

  講題「お釈迦さまの伝道の姿に学ぶ」

(3)掌 議

朋澤智弘(布教団連合総団長補佐)

赤井智顕(総合研究所研究員)

(4)特別講師 麻田秀潤(同和教育振興会評議員)
  講題「御同朋の教学を求めて ―差別布教の実際に学ぶ―」
小池秀章(龍谷大学講師・元京都女子中学高等学校教諭)
  講題「中高生に、何を、どのように伝えるか」
瓜生崇(真宗大谷派玄照寺住職・大阪大学教育室)
  講題「新宗教の布教に何が起きているか」
塚嵜智志(野村證券株式会社 金融公共公益法人部公共公益法人課長)
  講題「寺院を取り巻く環境変化と検討課題」

9.経 費

交通費・宿泊費は、各自負担とする

※但し、鉄道グリーン料金(航空スーパーシート等も同様)を除く、往復交通費(実費額) が、3万円を超える場合は、超過分を宗派が負担するが、支給については全日程(講義)の出席を原則とする。

※希望者には昼食(弁当)を支給する

10.服 装

正服第二種<布袍・布教使輪袈裟・白服・白足袋・草履>

11.持参品

『浄土真宗聖典(註釈版)』、印鑑、保険証、その他必要と思われるもの

12.申込先及び連絡先

布教講会事務所(僧侶養成部<布教使担当>)
〒600-8501京都市下京区堀川通花屋町下る 浄土真宗本願寺派宗務所
TEL075-371-5181(代) FAX075-351-1372

 

2016(平成28)年度 布教講会 開催要項PDF

一覧に戻る

ホーム活動募集2016(平成28)年度 布教講会 開催要項

ページの先頭へ戻る