2018(平成30)年度 安居開講要項(希望懸席者)について

2018年04月19日

2018(平成30)年度 安居を下記の要項にて開講いたします。 懸席を希望する方は、以下をご熟読のうえ、懸席申込書などの必要書類を本ページ下部よりダウンロードいただき、必要事項を記入のうえ郵送にてご提出 ください。
なお、必要書類は下記の安居事務所まで請求いただくこともできます。

1.期  間 2018(平成30)年7月18日(水)~31日(火)
※開繙式(18日)は必ず12時20分までにご着席ください 。
2.場  所 龍谷大学大宮学舎 本館講堂 (京都市下京区七条通大宮)
3.講  師
  及び
  講  題

本講師 勧学 大田 利生 「 仏説阿弥陀経 」
副講者 司教 福井 智行 「 三部経大意 」
    司教 能仁 正顕 「 般舟三昧経 」
典 議 司教 安藤 光慈

4.会読論題 「往還分斉」 「准知隠顕」 「一心五念」
5.聖典・講本

『浄土真宗聖典全書』(本願寺出版社刊)

講本の販売を、初日の開繙式前(10時45分以降)に限り、本館の安居事務所前にて行います。
以降の講本販売については、開繙式終了後にお知らせいたします。なお、価格は本講・副講の3冊合わせて合計3万円程度と思われます。

6.特別論題

「現代における老いと仏教 ~他力信心と認知症~」

【 「特別論題に基づく自由討議」所感の提出 】対象:安居懸席者全員

特別論題提要に基づき、思うところを200~400字程度論述してください。
指定用紙(下記よりダウンロード可)以外でも提出できますが、その際にはA4横置・縦書きにてお願いいたします。
なお、自由討議発表者に選出されました方には別途ご連絡いたします。

7.特別講義

「特別論題」に関連して
相愛大学教授  釈 徹宗

「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)について
浄土真宗本願寺派重点プロジェクト推進室部長  宇野 哲哉

8.特別行事

大衆招待会(本願寺書院鴻之間にて)、能化追慕会、大谷本廟参拝、
法供会法要、法供会布教(安居大衆出講 総会所にて)、
記念撮影(龍谷大学大宮学舎本館前)

9.終了考査

学階得業を対象に実施します。
受験されます方は、安居期間中にお申し込みいただきます。
受験冥加金は8,000円です。

10.研究発表

発表を希望されます方は、6月8日(金)までに発表原稿を安居事務所にご提出ください。
内容は未発表のもので、8,000字(400字詰原稿用紙20枚)以内とし、発表の可否は後日各自にご連絡いたします。
なお、提出原稿は返却いたしませんので、予めご了承ください。

11.服  装

黒衣(無紋)、黄袈裟、白衣、中啓、双輪念珠

12.提出書類
  1. ①懸席申込書
  2. ②「特別論題に基づく自由討議」所感
  3. ③家族同意書(健康上特に留意を要する方や70才以上の方のみ)
  4. 上記を郵送にてご提出ください。FAXでは受付いたしません。

提出締切:6月8日(金)※当日消印有効

13.提 出 先
安居事務所
〒600-8501 京都市下京区堀川通花屋町下る
       浄土真宗本願寺派宗務所勧学寮内
TEL 075-371-5181(代)
※安居開講期間中は龍谷大学大宮学舎本館内に事務所を設置します
【その他】
  • 着京届を、開繙式当日に安居事務所へご提出ください。
  • ○移動・宿舎・食事等は各自お手配ください。
  • 健康保険証をご持参ください。
  • ○各自の所持品には必ず名札などを付け、取り違えのないようご留意ください。
  • ○会場の龍谷大学大宮学舎本館への入室可能時刻は、初日(18日)は午前10時30分から、2日目以降は午前6時40分からです。
  • ○期間中、龍谷大学内で着替えをすることができます。なお、都合により場所が変更されることがありますので、掲示板などでご確認ください。
  • ○本願寺周辺及び大学教室等は全面禁煙です。龍谷大学内の指定場所をご利用ください。
  • ○龍谷大学大宮学舎及び本願寺中央幼稚園付近は駐車禁止です。本願寺北境内地駐車場をご利用ください。
  • ○北境内地駐車場は本願寺盆踊り開催日の前後は駐車できなくなりますこと、ご留意ください。
ダウンロード書類

一覧に戻る

ホーム活動募集2018(平成30)年度 安居開講要項(希望懸席者)について

ページの先頭へ戻る