支援金・助成金・その他・お知らせについてについて(東日本大震災)

東日本大震災義援金最終報告

東日本大震災発生直後から被災者の復興支援のため協力をお願いし、寺院や門信徒を含む多くの個人、団体から支援をお寄せいただいた、たすけあい運動募金「東日本大震災義援金」につきまして、受付及び配分が終了いたしましたので、下記の通り報告いたします。

1.募集期間

2011(平成23)年3月12日(土)から2013(平成25)年9月30日(月)まで

2.募金総額

962,728,497円(10,206件)

3.配分先一覧
配分回数 金  額 内  容
第1次配分 112,000,000円 東北・東京・長野・国府教区
第2次配分 300,000,000円 岩手・宮城・福島県
第3次配分 252,000,000円 東北・東京・長野・国府教区
第4次配分 105,000,000円 津波、原発事故被害寺院12ヵ寺
第5次配分 189,339,082円 原発事故による制限区域に所在する寺院7ヵ寺、制限区域設定11市町村、
東北教区
第6次配分 4,389,415円 原発事故による制限区域に所在する寺院7ヵ寺
配分総額 962,728,497円 第1~6次配分合計額

ご協力ありがとうございました

お問い合わせ先
社会部〈災害対策担当〉
〒600‐8501 京都市下京区堀川通花屋町下ル 浄土真宗本願寺派宗務所
TEL:075‐371‐5181(代表) FAX:075‐365‐6199

東日本大震災被災者受入に関する助成金交付要項

1.趣 旨 

東日本大震災による被災者に寄り添う支援活動の一環として、被災地の子どもたちを対象とした宿泊企画を行った団体に、助成金を交付する。

2.助成対象

被災地(岩手県・宮城県・福島県)並びに被災地より避難をしている子どもたちを対象とした宿泊企画(ホームステイ)を実施した団体

3.対象期間

2018(平成30)年度~2019(平成31)年度(2ヵ年度)

4.助成額及び対象

助成額:参加者1名に対し、30,000円を交付
対 象:被災地並びに被災地より避難をしている子ども及びその保護者

※助成金交付にあたっては、申請書のほか、実施時写真名簿への参加者の確認印(サイン可)が必要となります。必要な書類をご確認のうえ申請ください。

5.申請手順

団体によって申請手順・申請書が異なります。下記(1)(2)をご覧ください

(1)寺院・組・教区(沖縄特区)並びに所属団体が実施した場合

①企画実施の2週間前までに実施団体の代表者が、教務所長(特区宗務事務所長)を通じて、企画書(概要書)を当事務室宛に提出

 ※提出された企画書をもとに当事務室にて助成対象の可否を精査いた しますので必ずご提出ください

②企画実施後に教務所長(特区宗務事務所長)宛に助成金交付申請書類一式を提出

③教区(沖縄特区)において、申請された書類一式を確認し、教務所長(特区宗務事務所長)印を押印のうえ、当事務室に提出

④教区(沖縄特区)から提出された申請書類の内容について、当事務室にて精査を行い、総局にて助成金の交付を決定

⑤交付決定後、団体が指定する口座に振込みを行い、助成金を交付(振込確認後、団体より当事務室宛に領収書を送付)

(2)上記に該当しない宗門関係団体、または東日本大震災緊急災害対策本部と連携して活動している団体が実施した場合

①企画実施の2週間前までに実施団体の代表者が、企画書(概要書)を当事務室宛に提出

 ※提出された企画書をもとに当事務室にて助成対象の可否を精査いた しますので必ずご提出ください

②企画実施後に当事務室宛に助成金交付申請書類一式を提出

③実施団体から提出された申請内容を当事務室にて精査を行い、総局にて助成金の交付を決定

④交付決定後、団体が指定する口座に振込みを行い、助成金を交付 (振込確認後、団体より当事務室宛に領収書を送付)

6.申請締切  

第1期 4月~6月開催分  7月31日締切(必着)

第2期 7月~9月開催分 10月31日締切(必着)

第3期 10月~1月開催分 2月28日締切(必着)

第4期 2月~3月開催分  4月10日締切(必着)

※企画実施日が期をまたぐ場合は事前に当事務室宛ご相談ください

※助成金の交付決定までに約2ヶ月かかります

※締切を過ぎますと助成金が交付できませんので、万一、何らかの理由により遅れる場合は事前に当事務室宛ご相談ください

7.申請書類  

(1)助成金交付申請書(所定の申請様式[該当する申請書を使用])

(2)実施時配布資料(日程表・宿泊先一覧・地域案内パンフレット等)

(3)助成金交付にかかる名簿(所定の様式)

※事前に所定の様式にて名簿の作成を行い、実施時に参加者の確認印
(サイン可)を押印ください。

(4)実施時の写真(参加人数が確認できる写真を添付[集合写真等])

(5)実施に伴う収支報告書(宗派からの助成金予定額を記入)

(6)その他総局が必要と認めた書類

※(1)~(5)の申請書類に不備・不足があった場合、助成金を交付することができませんので必ず添付してください

※(6)の書類については、申請内容によって、追加の書類をご用意いただく場合がございます

9.問い合せ  

〒600-8501
京都市下京区堀川通花屋町下る 浄土真宗本願寺派宗務所
東日本大震災緊急災害対策本部事務室
℡:075-371-5181(代)

策定日:2013(平成25)年5月13日

変更日:2018(平成30)年4月 1日

「東日本大震災支援金」ご協力のお願い

「支援金」は復興支援活動を行う人びとや被災者を応援できる制度です。

被災地の苦悩が、忘却され風化しつつある今、被災された方がたの悲しみを聴き、その声に応えた心と心のつながりが生まれる支援が必要とされています。さらには、東京電力福島第1原子力発電所事故からの復興にも相当な年月が必要であり、宗門として、中長期的に被災された方がたの悲しみを受けとめ、苦悩に寄り添った活動を行うことが極めて重要であります。
東日本大震災支援金」は、仮設住宅や借上げ住宅にお住まいの被災者への心のケア活動をはじめ、東北教区災害ボランティアセンター・陸前高田出張所「とまり木」の活動費、福島県復興支援宗務事務所(福島県事務所)の運営費、被災地の子どもたちを対象としたホームステイ企画への助成などに充当してきました。今後も、被災地でのボランティア活動や、被災者に対する支援活動、さらには、被災者自らが行う活動を支援するために支援金を活用させていただきます。
これからも被災者にもっとも近いところで復興を支えてまいりますので、どうかご理解・ご協力を切にお願い申しあげます。

東北教区災害ボランティアセンターでは、仙台市内に避難されてこられた方がたのコミュニティーづくりを行い、心やすらぐひとときを過ごしていただくために定期的にサロンを開催しています。また、仙台別院に隣接する建物(仙台別院教化センター)を改修し、支援活動を充実させるとともに、被災された方がたの宿泊所等として利用しています。
募金の名称

浄土真宗本願寺派「東日本大震災支援金」

受付口座番号

郵便振替 01060-8-100

加入者名

浄土真宗本願寺派 宗務所
※通信欄に「東日本大震災支援金」とご記入ください
※振込用紙をご希望の場合は、送付いたしますので、社会部<災害対策担当>までご連絡ください

受付期間

2011(平成23)年8月6日(土)から当分の間

問い合わせ先

社会部〈災害対策担当〉
〒600-8501
京都市下京区堀川通花屋町下ル 浄土真宗本願寺派宗務所
TEL:075-371-5181(代表) FAX:075-365-6199

東日本大震災支援金の現況について

(平成23年11月4日~平成30年3月31日まで)

募金総額

¥358,363,282円(6,094件)

使用内訳
○福島県復興支援宗務事務所 ¥42,598,993.-
 事務所運営(避難寺院法要・遺骨一時預かり等)・支援活動(法話会等) 40,740,555円
 支援物資購入等(食料等) 1,858,438円
○東北教区災害ボランティアセンター(東北教区現地緊急災害対策本部) ¥30,234,683.-
 救援復興・ボランティア活動(炊き出し・ボランティア現地移動等) 21,450,191円
 支援物資購入(食料、仮設住宅・借り上げ住宅お茶会用品等) 4,841,860円
 陸前高田出張所(仮設住宅居室訪問活動) 3,942,632円
○その他支援関係 ¥66,024,660.-
 被災者(子ども)を対象とした全国のホームステイ企画への助成
 被災者(子ども)を対象とした本願寺での宿泊助成
 東京教区現地緊急災害対策本部等
<支援金を使用しての活動>
支援金を使用しての活動画像1
仙台別院教化センターでのサロン
支援金を使用しての活動画像2
南相馬市でのサロン
支援金を使用しての活動画像3
福島県事務所での法話会
支援金を使用しての活動画像4
本願寺でのホームステイ

ホーム活動支援金・助成金・その他・お知らせについて(東日本大震災)

ページの先頭へ戻る