組織概要

名称 宗教法人 浄土真宗本願寺派
本山 龍谷山 本願寺(西本願寺)
所在地 〒600-8501
京都市下京区堀川通花屋町下る
本願寺門前町本願寺内
連絡先 宗務所 TEL 075-371-5181(代) FAX 075-351-1372
門主 第25代門主 釋専如 大谷 光淳(おおたにこうじゅん)
目的 この宗門は、親鸞聖人を宗祖と仰ぎ、門主を中心として、宗制を遵守する個人並びに本山その他寺院及び団体を包括し、浄土真宗の教義をひろめ、法要儀式を行い、僧侶、寺族、門徒、信徒その他の者を教化育成し、自他共に心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献することを目的とする。
宗勢 教区31教区 組数523組 僧侶数32,421名 寺院数10,248ヶ寺
宗派宗務部門・本山本願寺内局部門 組織相関略図表(PDF)

総長あいさつ

 本願寺は、親鸞聖人が開かれた浄土真宗のみ教えを人生のよりどころとして生きる私たちの、心のふるさとです。
 私たちは、一生懸命に努力しても思いどおりにならないと、愚痴や不満がでます。そして不安にかられたり、傷つきもがいているのが日々の生活です。欲も多く、怒りやジェラシーにも悩まされ、なかなか心安らかに毎日を過すことができません。
 親鸞聖人はそのような私たちに、なんの心配もいらない、「そのまま」救われていく道があるよ、と教え下さいました。不安いっぱい愚痴いっぱい、死にたくないとしがみついている「そのままの姿のままで必ず救いとるぞ」と呼びつづけていて下さる阿弥陀如来さまのお慈悲です。広く大きく限りないお覚りの力です。
 私は、救いの肝要を次のよういただいています。

 

「そのままでいい そのままで そのままこいよ」のお慈悲のおおせ
「そのまま」と おおせのままに
この愚身(み)を任す
このまんま
これ すなわち 南無阿弥陀仏

 

 阿弥陀如来さまのお育てのなかで、み教えに生かされる有り難さを共々に聞かせていただき、ご縁のある人々と手をたずさえながら、その尊さを分かち合いましょう。
 この世の縁がつきるその時まで、不十分不完全でもお覚りの心を心として精いっぱい仏恩報謝の日暮らしをさせていただきましょう。
 本願寺は平成26年9月、阿弥陀堂と御影堂が国宝に指定され、国の内外を問わずご参拝くださる方がますます増えています。
 本願寺だけでなく全国各地にある浄土真宗のお寺にお参り下さり、ぜひ、阿弥陀如来さまの有り難く尊いお慈悲の心を聞いていただきたいと思います。必ずや、あなたご自身の生きる力がアップすることでしょう。

 

浄土真宗本願寺派総長 石上智康

ホーム宗門基本情報

ページの先頭へ戻る