最新ニュース

「布教研究課程」募集要項

募集2020.11.04
  • 募集

 このたび、 現代の諸問題に積極的に取り組む布教の研鑽を通して、 人々の苦悩に寄り添い 、 真実信心と念仏者の生き方を正しく・わかりやすく・ありがたく伝える布教使の養成をめざし 「布教研究課程 」を開講いたします 。

11.感染症対策新型コロナウイルス感染症への対策を行ったうえで、実施いたします。対策内容や注意事項等の詳細については、受理通知と併せて郵送いたします。

1.開講期間 対面研修〔25日間〕・オンライン研修〔9日間〕
前期:2021(令和3)年1月18日(月)~1月29日(金)〔10 日間〕 対面研修
中期:2021(令和3)年2月2日(火)~2月12日(金)〔 9 日間〕 オンライン研修
後期:2021(令和3)年2月15日(月)~3月5日(金)〔15 日間〕 対面研修

※土曜・日曜・祝日は原則休講ですが、対面研修中は実習を行う場合があります。
※対面研修は全寮制であり、休講日の前日のみ所定の手続きを経て外泊可。
※オンライン研修 の受講に必要な機材の貸し出し等はありませんので、各自でご準備ください(講義は Cisco Webex meetings を用いたライブ配信を予定)
※受講人数により期間を短縮する場合があります。
※コロナウイルス感染状況によって中止とする場合があります。
2.対面研修
  開講場所
伝道院および学林寮(全寮制)
〒600-8346 京都市下京区正面油小路玉本町196
3.募集人数 10名以内
※応募者及び合否判定後の受講希望者が4名未満の場合は、開講いたしません。
4.募集期間 2020(令和2)年11月4日(水)~11月20日(金)
僧侶養成部<布教使担当>必着
※直接持参の場合は平日の午前9時から午後5時までの間にお越しください。
5.受講資格 2021(令和3)年3月31日現在、布教使任用経過年数が3年以上で、50歳以下の布教使
 ※2018(平成30)年3月31日以前に任用された者
 ※1970(昭和45)年4月1日以降に生まれた者
 ※布教研究専従職従事経験者及び布教研究課程の修了者は除きます。
6.受講試験 【実 施 日】2020(令和2)年12月14日(月)
【実施場所】伝道本部
【実施内容】(1) 布教実演試験(10分間の法話「初めて法話を聞く方対象」)
      (2) 口述試験
※試験にかかる詳細は受講願受理通知にてお知らせいたします。
7.研修内容 開講趣旨に基づき、あらゆる人々に真実信心と念仏者の生き方を正しく・わかりやすく・ありがたく伝えるための言葉 、 所作、現場対応力等の要件を備え、 現代の諸問題に 対応できる布教使の養成を目指します 。
【布教課題】
前期:布教の原点と課題の整理 ~いま、私の布教はこれでよいのか
中期:人々の悩みに応えるには ~いのちの共感をさまたげるものとは
後期:自身のことば・個性で伝える実践力の確立 ~正しく・分かりやすく・ありがたく~
※各期間の課題について、講義、布教実演、現場における布教実践を中心に研鑽し、習得する。
8.経  費 ①願記冥加金    ¥8,000.-(出願時に納入)
 ※冥加金納入の際、「教区手数料」の納入が別途必要となりますので、所属教区の教務所へお尋ねください。
 ※試験辞退(欠席)の場合であっても返金はできません。
②受 講 料  ¥300,000.-(受講許可通知に振り込み用紙同封)
 ※受講料には、期間中の寮費・食費が含まれます。
9.出願手続 下記書類(所定の用紙)を各教区教務所・沖縄県宗務事務所を通じて僧侶養成部〈布教使担当〉宛提出
(1)受講願
(2)履歴書
(3)健康診査票
  西本願寺健康管理センター[アソカ診療所]、
  または他の医療機関発行のもの
(4)返信用封筒(速達特定記録分の切手を貼付)指定サイズ
  ①受講願受理通知用  (544円分) 長形3号
  ②合否判定通知用   (590円分) 角型2号
  ※通知期間に受取可能な現住所を記載のこと
(5)レポート
  【テーマ】「念仏者の生き方」についてあなたの考え方を述べてください。
  【形 式】A4判 400字詰 縦書き原稿用紙 5枚以内
      折らずに右側2箇所をホッチキスで留め、コピー6部を提出。
      ワープロ可(横書き フォントサイズ12.5pt以上)
      参考文献等あれば、その一覧表を添付してください。
10.合格発表 2020(令和2)年12月中に郵送にて通知予定
11.感染症対策 新型コロナウイルス感染症への対策を行ったうえで、実施いたします。対策内容や注意事項等の詳細については、受理通知と併せて郵送いたします。
12.そ の 他 (1) 教材費が発生した場合はその都度徴収します。
(2) 該課程を修了した者の内から、布教研究専従職員として宗派及び、本山関連行事にかかる布教に従事、また、3年間に亘って布教伝道の研究に 従事するものを若干名採用の予定です 。
(3) 試験内容及び合格発表にかかる電話でのお問い合わせはお断りします。
(4) 期間外の申込は返戻します。
(5) 賦課金の滞納や書類の完備されていないものは受理できません。
(6) 受講前に必ずインフルエンザの予防接種を受けていただきます。

お問い合せ先

僧侶養成部<布教使担当>
〒600-8501 京都市下京区堀川通花屋町下る
       浄土真宗本願寺派宗務所
TEL:075-371-5181(代)