仏教語豆事典

愚痴(ぐち)

 特に強力な煩悩のひとつ

 言っても甲斐かいのないことを、くどくどと言ってなげくことを「愚痴をこぼす」といいます。

 そして、よく愚痴をこぼす人を「あの人は愚痴っぽい人だ」ともいいます。

 愚痴という字を見ると、「愚」も「痴」も、事理に暗いこと、おろかなことをいう意味ですね。

 お釈迦さまは「人間が苦悩する原因は、心のなかに宿る煩悩ぼんのうにある」と教えられました。

 煩悩は百八種あるといわれますが、その中でも特に強力なものを「三毒さんどくの煩悩」といいます。①貪欲とんよく=むさぼり欲しがる心。②瞋恚しんに=いかり腹立つ心。そして、③愚痴です。

 愚痴とは、目さきのものにとらわれて、真理を解する能力のない愚かな心を指しているのです。

 『ちかいのうた』の中に、

 「欲といかりとおろかさのわざわい永遠とわのぞかなん」とあるのがそれです。

 愚痴もほどほどに・・・・・・。

本願寺出版社「くらしの仏教語豆事典」より転載