最新ニュース

第41回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要について

トピックス2021.09.18

 浄土真宗本願寺派(西本願寺)では、戦争によって尊いいのちを失われたすべての方がたを追悼し、悲惨な戦争を再び繰り返してはならないという平和への決意を確認するため、1981(昭和56)年から毎年、東京・国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑において、「全戦没者追悼法要」を勤修いたしております。
 しかしながら、本年第41回千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要につきましては、新型コロナウイルス感染症の状況に鑑み、諸行事を一部取りやめ、インターネットを通じてのご参拝をご案内し、また、台風14号接近に伴い、会場を築地本願寺に移し厳修いたしました。
 当日は、インターネットを通じて多くの方にご視聴・ご参拝をいただき、誠にありがとうございました。

<第41回 千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要の記録>

日時:2021(令和3)年 9月18日(土) 13:10~14:50

場所:築地本願寺<東京都中央区築地3丁目15番1号>

 13:10 日程説明
 13:15 平和の鐘
 13:35 宗門関係学校生徒作文朗読・表彰式

引き続き 浄土真宗本願寺派総長焼香

 13:50 平和宣言
 14:00 千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要「正信念仏偈作法」

仏教讃歌「みほとけにいだかれて」

 14:50 終了

【宗門関係学校生徒作文朗読・表彰式】
浄土真宗本願寺派の関係学校から「いのちの尊さ」「非戦・平和の大切さ」をテーマに寄せられた作文から最優秀作文の朗読・表彰式を行いました。なお、新型コロナウイルス感染予防・拡大防止の観点から、作文朗読は事前に撮影したものを放映いたしました。

【最優秀】

 中学生の部 北陸中学校    伊部愛唯「七十六年前の命と夢」(PDF)

 高校生の部 京都女子高等学校 楠田実紅「平和な世界を築く言葉」(PDF)

【優秀】

 中学生の部 龍谷大学付属平安中学校  米田京香さん 「二つの平和」

       京都女子中学校      奥村和凜さん 「命の重さは」

       敬愛中学校        平山璃音さん 「あたりまえの毎日にありがとうを」

 高校生の部 国府台女子学院高等部   木下恵麻さん 「戦争の辛さ、平和の尊さ」

       国府台女子学院高等部   山本夏弓さん 「赤い絨毯と灰色の空」

       岡山龍谷高等学校     本田そらさん 「私の夢」

※応募数 24校 46作品

【「平和宣言」「平和の鐘」】

恒久平和への願いを新たにするため、「平和宣言」を行い、「平和の鐘」を撞きました。また、本山本願寺、全国各地でも一斉に鐘が撞かれました。

平和宣言(日本語)PDF   平和宣言(英訳)PDF

〇ご懇志について

このたびの法要に際し、多くの方々から供花懇志・懇志をご進納いただきました。墓苑に生花をお供えいたしますとともに、供花懇志をご進納いただきました皆様のお名前をご披露させていただきます。

●お問い合わせ

・法要全般に関するお問合せ 所務部<文書担当>

 〒600-8501 京都市下京区堀川通花屋町下る
        浄土真宗本願寺派宗務所内
        TEL 075-371-5181(代)